うちのお店でWindows10のウイルス対策ソフトは入れない?

この記事の読了時間 : 237
ウイルス

Windows Defenderがあれば基本は十分ですよね?

修理を行ったパソコンで「ピシコさんの所でウイルス対策ソフトはなにか入れてもらえたのでしょうか?」などのご質問を頂く事があるのですが、基本的には何も入れていません。何故ならばWindows10に標準装備の「Windows Defender」は意外にも普通に使えるからです。

そもそもウイルスに感染する因果関係を知ること

ここ最近でのウイルスに感染された方の殆どは、アドウェア(広告を目的とした通常は無料のソフトウェア)系のウイルスに感染しているケースが多いことで、インターネットが繋がらなかったり、ファイルが読み書きできない事が多く、そもそもウイルスに感染するケースとしてはそこそこ流行のウイルスであれば「Windows Defender」で防ぐことが出来ます

もちろん有償のウイルスバスターやカスペルスキー、ESETなどの優れたソフトがある事にこしたことはありませんが、それ以前にアドウェア系のウイルスに感染する可能性がある世の中ですので、もし有償版のソフトをお入れする場合はご本人様が予めご指定されたソフトをお持ちであれば優先してお入れしておりますが、ネットバンキングや株取引などを行わないのであれば然程気にしなくて良い世の中にはなっています。

では、無償のウイルス対策ソフトのavastやAviraなどはどうかと言われますと、ないよりはマシですが「Windows Defender」はその程度の機能を兼ね備えている事で、無償のウイルス対策ソフトをおすすめする時代は終わりそうです。

それより前のWindowsはどうなの?

最も懸念される事としては5年前のOSを未だに利用される場合はガラリと話が変わり、有償ソフトを強くオススメしています。これは出尽くされた氾濫した既存のウイルスと新型のウイルスでは「Windows Defender」だけで防ぐことは困難かと思われます。

例えばWindows7で無償のウイルス対策ソフトを入れるならば・・・やはりavastでしょうかね、なんだかんだ言いながらもトップをひた走る無償で提供しているメーカーで生き残っているソフトは強いですよ。

つまり、基本はネットで買い物とYouTubeだけであっても、Windows10にアップグレードする事をオススメしたいです。未だにデジタルライセンス認証は行えているようですので、思い切ってアップグレードを行って、後にWindows10をクリーンインストールを行えば限りなく安定したWindowsを利用する事が行えて無償でデジタルライセンス認証が通っておりますので、「たかがWindows10、されどWindows10」とお考え頂ければ良いかな?と思いますー

ウイルスは忘れた頃にやってくるからねー
ウイルス