この記事の読了時間 : 150

ノートパソコンで音がうるさい理由は意外にも?

ファンの騒音がするとの事でご依頼がありました

先日ノートパソコンをお持込のお客様からのご相談にて、「パソコンからバラバラという騒音が聞こえる」との事。一般的にはCPUファンの老朽化と想定される案件と考えておりました。

以前にも書きました内容にも「ノートパソコンのCPUファンのグリスアップ」という記事にてグリスアップを行う事で騒音は抑えられます。むしろこれくらいしか無く、改善出来ない場合はファンの交換となります。ですが今回の案件はノートパソコンを開梱して驚きました、まさかこんな事が原因で内部で騒音の問題が起きているとは・・・

内部で部品割れが発生し騒音に

ノートパソコンの内部を開梱するため、各箇所のネジを外してフタを開けると・・・その結果の写真を撮影しましたので御覧ください。

ヒンジ固定割れ

そうなのです、ヒンジを固定するネジのプラスチックが割れ、その周辺のケーブルを固定するテーブがCPUファンに干渉していた様子でした。念のためグリスアップも行いましたが、以降はファンの騒音が聞こえなくなりました。

内部の破損が他の部品に悪影響を及ぼす事も

今回の事例は初めての事でしたが、ヒンジが割れる事案は幾度か拝見したことがあります。これらはメーカーに問わず国内や海外モデルのローコストモデルに多く見られる現象でありフタを開く時は注意が必要です。

因みにヒンジを破損しないようにするコツとして天板と下段を両方押さえてゆっくりと開くこと、該当されるノートパソコンはほとんどがプラスチック製ですので強度なんてものは元々無いものだと思って大事に開閉してください。

自分のパソコンは大丈夫、とは思わずヒンジのネジ止めは機会ではなく人が締めておりますので、個体差はあるようで出荷時から開閉が硬い事があります。ですので購入したばかりのノートパソコンはゆっくりと開け閉めをして「ならし作業」を行うことが最善と考えます。

破損によってはメーカー保証期間内であった場合でも対象外になる恐れもありますので、嫌な思いを経験しないためにもこの記事を参考に心がけて頂ければ幸いです。