この記事の読了時間 : 33

100満ボルトの月額980円の定額修理サポートはPCでも対応!?

100満ボルトの月額980円の定額修理サポートはPCでも対応!?

ここ最近の家電量販店では一部のパソコンは取り付け設置だけではなく、初期設定やデータ移行までも無償で対応するという太っ腹なサービスが多い中、更に意表を突く内容がテレビCMでも放送されておりました。それは100満ボルトの月額980円で何度でも無料で修理を行うという「そこまでやっちゃう!?」という内容です。

実際に月額980円で何度でも修理してもらえるのか?

気になるのは「どんなパソコンでも?毎月980円払えば何度でも修理できるの?」というギモン。後は「どうやって支払えば良いのか?」というギモン、実際にホームページで調べてみるとこのような表記があった。

100満ボルト

パソコンは当社指定のオリジナルパソコンが保証対象となります」と表記されている、つまりこういう事らしい。そもそも当社指定は分かるが「オリジナルパソコン」というのはかなり限定されている条件となる。これは例えるならば100満ボルトのBTOパソコンがあれば全面的にサポート対象となるが、NECや富士通のパソコンでは非対応となる。ただしメーカーと協業で制作するモデルであれば対象となるのかもしれない。

支払いは指定のクレジットカードのみ

次に月額の支払いの方法について。これはCMでも放送されている内容だが100満ボルトのクレジット機能付きカードを契約する必要がありそうだ。と言うよりはこのカードを加入しなければ月額サポートを受ける権利が与えられないという事だ。

100満ボルト

だが逆を考えれば決して損な内容では無い、多数のクレジットカードを持っているのであれば魅力は半減するかもしれないが、ネットで買い物をするのであれば「楽天カード」や「Amazonカード」が得だろう。だが近所に100満ボルトがあればどうだろう?5,000円以上の家電製品であればほとんどが定額修理サービスの対象となっている為、ネットで1000円安く買えたとしても初期不良等があった場合では安心を買う意味で実店舗で購入をする事を強くおススメする。これは元家電量販店で努めていた経験から初期不良が本当に多いということをもっと知って欲しい。

無料設定・設置は海外メーカーのパソコンは非対応

最後にチラシを見て気がついた事。設定や設置やデータ移行については国内メーカーの11万円を超えるパソコンが対象となりそうだ。

チラシ

販売数によるインセンティブだけではないが、つまりは利益率の高いパソコンのみ無償での対応となる。こう考えると設定を行うスタッフや、出張設定を行うスタッフの人件費を捻出するにはしっかりと儲ける仕組みを作ることが必要となる。これはどれだけ大型店舗であったとしてもパソコンが売れるのは週末には20台、平日は5台位が平均で考えればあながち間違いはない数字だと思われる。

つまりパソコンが売れなければ社員も困る事は間違いなく、もしこれが販売員1人が売り、その店員が設定を行い、その店員が出張で設置をするのであれば問題はないが、とてもではないがPC販売の店員が5人居ても困難だと思われる事で現実的ではない事で必ず専門スタッフが常駐している事で問題は解決となるが話はふりだしに戻ってしまう。

この「無償」というサービスは「対象商品限定」だけであってもギリギリなサービスであると思われ、その中に責任はどこまで負って貰えるかという事にも繋がる、「無償での設定ですから」や「無償でのデータ移行ですから」という言葉は店舗にとっては有利であり、お客様にとって無償なだけでは損をし兼ねない事を理解して欲しいと思います。