この記事の読了時間 : 210

iMac

CPUがXeonの新iMacが10月に発売予定

約2年ぶりにiMacの新モデル

MacRumorsの記事によると、2017年の10月に新iMacが発売されるとの情報がありました。約2年ぶりのモデルはスペックを極限にまで上げたモデルになっているようです

普段からMaccBookを利用している私や読者の方は「ふーん」という感覚ですが、最近ではMacにBootCamp(Windowsを入れる)するのは当たり前となっている事から、WindowsのゲームをiMacで利用する方が増えてきているようです。

スペックは高い・・・が

気になるスペックは未確定な情報もありますがこのような構成になるとの噂です。

iMacのスペック
CPU Intel Xeon E3
メモリ 16GBまたは32GB
SSD 2TB
ポート Thunderbolt3
グラフィック AMDグラフィックス

ざっくり見てみても現実的な構成には見えないのは私だけでしょうか、あの薄い筐体にXeonを入れる事はそれなりに発熱対策は行わなくてはなりません。

もう一つはグラフィックで、まさかのAMDです。これは海外にユーザーも嘆いており、前回のモデルに続けてAMDグラフィックチップを採用との事で人気のnVidia製を搭載しない理由はコスト削減でしょうか?

2つの発熱対策をどう上手く実装させるかはお披露目までは分かりませんが、販売価格はかなりのお値段になりそうですね、

Macは6年で買い替えると良いかも

Aplleは新商品が発売されるタイミングで時期OSの発表を告知します。OSは無償ですので新商品を購入する方にとってはもちろん、既存の商品であっても対象の機種であれば提供が受けられます。

対象外となる機種は発売してから6~7年となっており、新OSが入れられないとMacはWindowsと違い様々なサポートが打ち切られるのが早いです。理由は意外にも単純で近年はOSが無償だからです、すなわち対象外のMacは交換時期ですよと言う烙印を押されてしまうようなもので、このタイミングで買い替えが賢い選択になりそうです。

今回のMacは正直まだこの段階では買いとは言えない商品です。動画の編集でもしない限りは10万前後でMacBook、グラフィック重視なら30万前後でMacPro、その真ん中の20万と予想してもこの構成では中途半端な気がしますが今後の情報に期待ですね。

Macの延命はSSD!交換をご希望の方はお問い合わせ下さい♪