GPD Pocket2をゲーム機器にしてみる「Stardew Valley」編

この記事の読了時間 : 30
Stardew Valley タイトル

やっぱりWindowsパソコンならゲームかなと

GPD Pocket2を手に入れて数日が経過しました。まだ手に入らない方も多数いるようですがどうなのでしょうかね。このパソコンは7インチという小型なのにパワフルな機体なので、ビジネス用としてはパワーを持て余しているっぽいのと、Windowsをそのまま使うのはそろそろ飽きてきました。

Stardew Valleyを購入してみようかと

そこで現代ではパソコンを購入する理由の多くがゲームだと思われますので、Steamのコンテンツで販売されている「Stardew Valley」で遊んでみたいと思います。価格は日本円で1,480円と激安価格なのにめちゃくちゃ面白い、これがSteamの面白い所であり魅力です。

Stardew Valley
Stardew Valley
Developer: ConcernedApe
Price: 1480 JPY
Steam:Stardew_Valley

このゲームのストーリーは社会に疲れた主人公が叔父の廃れた農場を自給自足で復活させるという、日本で販売されていた「牧場物語」のようなゲームです。では何故このゲームがヒットしたかと言えば、このゲームの全てを一人で制作しているという事にあります。デザイン、シナリオ、システム全てにおいてたった一人のプログラマーさんが手がけた農場経営シミュレーターは並々ならぬ愛情とこだわりが満載で、時間の合間に少しだけ遊ぶだけでももってこいのゲームです。

GPD Pocket2では最適な環境

今回「Stardew Valley」をGPD Pocket2で採用した理由は低スペックでも遊べる事にあります。2GBのメモリと256MBのグラボでも動作するとの事ですので、PCの負担も少なく外出先でも気軽に遊べるゲームであるという判断で選択しました。

Stardew Valley インストール

インストールは512MB程度の容量の空きがあれば行えますのでGPD Pocket2では何も問題はなさそうです。因みにインストール完了までの所要時間は3分程度で終わりました。

Stardew Valley ゲーム風景

ここで補足なのですが、GPD Pocket2ではかなりのグラフィック性能がありますのでフルスクリーン表示で表示されますので、今回は初回起動時に少しだけ遊んでみた様子をご覧頂ければと思います(この動画内では設定を英語で半フルスクリーン状態ですが後ほど簡単に設定は変更可能です)。

実際に遊んでみた感想としてはキーボード操作でも問題はないのですが、やはりゲームパッドがオススメかと思いました。ですのでもしじっくりと遊びたい方は小型のゲームパッドを購入すると良いかもしれませんね。

2,000円以内で収まる予算でBluetoothコントローラーが手軽に買える時代ですので、キーボード操作が不慣れな方は購入しておきましょう。このコントローラーはiOSでもAndroidでも動作しますので、こっそりとカバンに忍ばせても色々使えるスグレモノ、オススメですよ。

今後もGPD Pocket2で遊べそうなゲームがあれば紹介したいと思いますー!
Stardew Valley タイトル