この記事の読了時間 : 39

Macの何が良いのか

Macの何がいいのか?

Macを買おうか悩んでいるあなたへ

ネットでも話題となっている内容で、「そもそもMacの魅力は?」という見解。まだMacを使った事がなく、これから購入を考えている方にとってはWebやカタログでも理解出来ない所があると思います。今回はそのMacの魅力について、買うべきなのか?また利点は?という所から考えてゆきたいと思います。

価値が落ちにくい

Appleのブランドの商品は比較的高いイメージがありますが、お値下げもしないいわゆるブランド志向のような感覚で購入される方が多いです。この恩恵もあって下取り値は下がりにくく、5年前のMacBookでも「欲しい!」という需要が他の製品よりもある事で少ない投資で入替えをされている賢いユーザーもおられるようです。

イメージが湧きにくい方は中古ショップでiPhoneの販売価格を見て頂ければ分かりやすいと思われます。一部のAndroidスマホに比べれば格段にお値段が高く値が落ちにくいモノばかりです。巷では「Apple信者」という言葉があるほどデザインや創業者に惚れ込んでいる方がおられますが、その背景には一切の妥協をしない作り込みにあり、他の格安スマホとくらべても買い取り値が10倍のiPhoneもある程です。

iphone

今年で10周年を迎えるiPhone
その人気は衰えることを知りません

余計なものがない

これからパソコンを使う方にとって必要なもの、インターネットとメールだけです。他は全てクラウド環境で利用ができる時代。そんな時代にスポンサー等の提供によるアプリが大量に入っているWindowsに比べ、Macはシンプルであり何も入っておりません

それ以外はiPhoneとの連動に重点をおいている様子であり、メモ帳やインターネットのお気に入り(ブックマーク)等はiPhoneで記録したものを即座に閲覧することができます。また自社で制作したiTunesも当たり前と言えば当たり前ですが相性は抜群です。

MacBook

シンプルな操作により買ったその日からすぐにでも使う事ができる

意外と知られていない、開発ソフトが無料

昔はアプリケーションの開発はかなりのコストがかかっており、ソフトは個人で購入するには覚悟が必要でした。Macでは無償で開発ソフトを配布している事でどなたにでもチャンスを与えられる様になりました。iPhoneのアプリを提供するにはライセンス登録の費用が必要ですがテストをするだけならば無償で試すことができます。

実際にはMac1台で小学生がアプリケーションの開発をして話題になっておりますが、そのような機会を与えたのがAppleの考えであり、優秀なアプリが量産されるのはこれらの無償で開発環境を提供している事が影響している事は間違いありません。

Xcode

無償で提供されているXCode
AppStoreで入手可能


最後に、スペック以上に安価であること。Windows搭載PCと比べればOSやソフトライセンス料が無償であるMacでは比較的安くて良いモノが手に入る事です。ここでは良い点を挙げましたが、もちろん悪い点もあります。ですが値段以上の価値がある事はお約束がききる媒体ですので安心してお買い求め下さいね。