OSが起動しない理由はCPUファンの熱暴走?不可解な連鎖

この記事の読了時間 : 148
CPUファン

熱暴走でHDDがクラッシュ?そんな事は本当にある

祝日という事もあって本日は分単位での受付を行っておりました。皆様はゆっくりとお休みになられましたか?今回はちょっとだけ不可解な不具合の連鎖が起きていたのでご報告致します。

CPUファンのホコリは馬鹿にできない

一般的にホコリや汚れは発火の原因などの恐れから定期的な清掃を行うことをオススメしておりますが、それで実際に私のパソコンは清掃しているの?と聞かれるとコメントに苦しみます。

今回の問題として、CPUファン内でホコリがたまり、熱暴走でPCがダウンを繰り返し、HDDが強制終了を繰り返した影響でディスク内の不良セクターが増えたことでOS(Windows)が起動しなくなったという経緯。

まずは新しいHDD(SSD)の交換を行う前に行うべきこと。それは上記の問題を解決した状態で交換を行う必要があり、今回はCPUファンの清掃及び念の為にグリスアップを行う事にしました。

一件ホコリが少なく見えますが付着している段階で風量は大きく変わりますので分解洗浄を行います。
CPUファン背面

因みに側面はこんな感じです。この側面を見た時に念の為のグリスアップを行うことに決めました。
CPUファン側面

空気孔はホコリのカーテンが敷き詰まっておりましたのでピンセットで剥がしつつ、エアブロイラーと歯ブラシで清掃します。
CPUファン空気孔

超音波洗浄で清掃したCPUファンがこちら、見違えるようにきれいになっています。
清掃後のCPUファン背面

表面はこちら、仕上げはアルコールで水分を飛ばしてグリスアップを行いました。
清掃後のCPUファン

全てのパーツを再度組み込んで仕上げを行い、SSDに入れ替えたPCにOSをインストールを行って終了です。目に見えない所に細心の注意を払う事が今回では大事なことだと改めて実感致しました。

音も静かになって、排熱も完璧いぃぃ!
CPUファン側面