この記事の読了時間 : 32

Ryzen5

AMDのRyzen5を導入するなら1600Xを選ぶべき[PUBG]

今はIntelを選ぶ必要はなくRyzen一択のワケとは?

Ryzen、このキーワードをタイトルにかれこれもう4ヶ月間はこの記事ばかり書いている気がする。それは何故なのか?と聞かれた事があるのですが、久しぶりにIntelを凌駕するCPUが現れ、抜群のコストパフォーマンス抜群であること。「今はIntelのCPUを選ぶ必要性はありません、AMDにしたほうが無難です」というネットの情報もあるように、それほどryzenはコストパフォーマンスと将来性に満ちています。

改めて思う事は、このブログを通じてとても興味を持たれているのを肌で感じる事があります。数ヶ月前に考案したBTOの構成もたった数ヶ月でも経過すればイケてる構成もゴミになります。今回も改めてRyzenを使用したゲーミングPC環境の構成をお伝え出来ればと考え、掲載したいと思います。

Ryzen5ゲーミング環境構成



処理速度や安定性や省電力性を考えて3万円で圧倒的な処理速度です。何度も言いますがIntelでこの予算ではこの速度は出せません。これからパソコンを組もうかとCPUを考えているのであれば間違いなくAMDのRyzenが圧勝でしょう。

Ryzen構成はメモリは適当に選ばない事

もしこの構成意外にパソコンを組まれる方がいるのならば、電源ユニットとメモリだけは慎重に選んで下さい、ケチると短命になりかねない事態に追いやられるのと、原因不明の電源落ちの無限ループに入ります。と、忠告はしておきましたのであとはご自由にどうぞ。

尚、今回からはNVIDIA製のGeForce1060をおススメの候補に挙げさせていただきました。これは有志の方からの情報で「安定動作が見込まれた」とのご報告を頂きましたのでおススメの構成として掲載しております。やはり机上の空論ではなく実際に購入されて検証したBTOの構成は信ぴょう性がありますね。

PUBGでゲーミングPC環境をお考え中の方へ

当店では幾度かお電話やLINEでお問い合わせを頂いておりますが「PUGBで格安でおススメのPC構成が知りたい」という内容では「あまり予算を削らない方が良いかもしれません」というご返答をしております。あくまでもパソコンで遊ぶ事を念頭に考えれば「パーツ代をケチるのではなく人件費を削る他ない」というめちゃくちゃですがこのような回答となります。

まずあなたが何故PUGB向けのPCを作りたいのか?と考えれば「ドン勝」したいから、の前に「撃たれたアイツを超えてやりたい」という気持ちがあるのではないでしょうか?これは、お手元のパソコンでまずは体験して頂いてから考えて頂ければ十分に理解しやすい内容になります。

PUBGスクショ

もし動作もままならないPCでこれからお考えになっている方にお伝えします。まずFPSはスポーツと同じです。速く走りたいのであれば玄関に置いてある使い込んだ靴でも十分な方も居れば、より速く走れる靴を買いに行く方もいます。それと同じ事です、そこでショップに言って安い靴で妥協するかはあなた次第という事。あとは利用価値を年数で計算しても良いので妥当なパーツを購入して下さい。

スマホゲームで課金も楽しいですがPCは残るものです。1ヶ月で飽きてもPCは他にも行える事が沢山ありますので、ゲーミングPCを購入して失敗したと思われる方はほとんど居ないという事も覚えておいておくと良いかもしれませんね。

良いPC自作ライフをお過ごし下さい!