この記事の読了時間 : 222

computer_net_osoi

Windows10でESET Smart Securityでフリーズ現象が発生、要最新版を

Windows10で突然のフリーズ、原因はESETだった

今や法人でのパソコンにはESETというウイルス対策ソフトが当たり前のようにインストールされている。人気の理由は安価な上に動作が軽くウイルスの検知力が他の群を抜き出ている事から口コミで広がり、管理者が率先して導入している。

昨年までは投げ売りをしており、5台3年ライセンスが6000円前後で購入が行えた事で更に拍車がかかり、家庭にもかなりの普及が行われたのではないかと思われます。

そのESETが、まさかのフリーズの原因となるとは思いませんでした。これによりソフトのアンインストールを行い、問題はあっさり解決に至りました。因みに「ESET」では2017年4月11日で以下のバージョンはWindows10の対応を終了したとの事。

・ESET Smart Security V7.0.302 / V8.0.304 / V9.0.349
・ESET NOD32アンチウイルス V7.0.302 / V8.0.304 / V9.0.349

これはCreators Updateの配信開始をもって対応が終了したことで、Windows10で既存のESETが利用出来なくなるわけではなく、最新版を導入を促しておりました。

最新版は名称も変わり、機能も追加されている

「ESET Smart Security」は名称が変わり「ESET Internet Security」になるとのこと、無償でバージョンアップが行えるとのことで早急に対応をしておきたい所です。また追加機能については以下の通り。

ESET

今回から旬な「ランサムウェア保護」も追加されており充実した機能が備わっております。ただし今回のような不具合は本当に勘弁して頂きたい内容であり、このフリーズ現象は特定の環境のみ発生しております。

その特定の環境とはWindows7等からアップグレードした事で繰り越された既存のウイルス対策ソフトが原因と考察しておりますが、今後についてもバージョンアップは自動ではなく、手動で行わなければなりません。これでは定期的の公式ページを見ている方以外は誰も気づきませんよね。

もし同じようなフリーズの現象に遭遇された方は改めて、最新版のESETの導入を強くおススメします。ESET Internet Securityのプログラムはここで配布しております。