この記事の読了時間 : 343

ドラクエ11は買います?買いました?買わないの?

ドラクエ11は買います?買いました?買わないの?

ドラクエ11は購入前にどちらを選ぶ所から始まる

来る2017年7月29日、5年ぶりの新作となります『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』が発売となります。と、書きましたがあの天下のドラゴンクエストを知らない方はいないとは思っておりますのでゲームの醍醐味などはわざわざ書かなくても皆さんが十分に分かっているかと思います。

私が気になるのは購買層が2種類のどちらを購入されるのか?という所。当店にご来店されるお客様に聞いてみると若年層はあまりご興味はない様子です。そうなると思い出補正が強い30代以降の層が最も興味を示していると思われますが、意外にも「購入は考えているがどちらのハードも持っていないので悩んでいる」との事。この「どちらのハード」というのがニンテンドー3DSとプレイステーション4の2機種での同時発売というのがお客様にとって悩みなタネとなっている様子。

これらの2機種は画質の違いはもちろん、PS4の据え置き機と3DSの携帯性を活かしたコンテンツが個別に盛り込まれているようです。特色としてはPS4ではアクション要素で遊ぶ「ボウガンアドベンチャー」とカジノゲームの「マジックスロット」の2点。一方3DSでは「時渡りの迷宮」という「すれちがい通信」を活かした機能があるとのこと。ストーリーは同じでも遊べるミニゲームに幅がありますので、性能面だけではなくどう遊ぶかによって購入を決まられる事をおススメしたいと思います。

スプラトゥーン2爆売れによる影響は?

ここ数ヶ月、ニンテンドースイッチの売れ行きが凄い事になっている様子で、10万台を出荷しても即完売という任天堂にしかない現象が起こっています。ゼルダから始まりスプラトゥーン2の売れ行きも絶好調の中、お子様たちにとってはドラクエよりもスプラトゥーン2に興味津々なのでは?と思っており、これも時代の流れというものかと感じております。

これを対策すべく、スクエアエニックスではPS4版のCMで山田孝之を起用して「親子で遊ぶ」というよりは「親が遊びたい」様子をコミカルに紹介しています、実際にTSUTAYAでこんな親が存在したらドン引きもドン引きです。

ネットの生放送が売れ行きを左右させる時代に

ドラクエですらここまでしないと売れないゲーム市場では、30代以上の思い出補正を利用してでもシェアを狙うしかありません。スマホゲームが浸透している世の中ではコンシューマーゲームは物足りなく感じる人が多くなっている中で「ドラクエ11が欲しくなってきた・・・」とお祭り騒ぎの状況を半年前から作り続けて様子はYoutubeなど放送を通じて啓蒙が続いております。

5年前ならここまで知り得なかった事、それはニコニコ動画などの一部の方でしか知りうる事が出来なかった昔と違い、SNSを通じて啓蒙し YoutubeLive(Youtubeの生配信の事)などで気軽に閲覧が出来るようになった現代です。ドラクエの生みの親であり雲の上の存在となる「堀井雄二」と動画を通じて対話が出来る時代ですのでそれはもう盛り上がらないはずがありません。

ネットの流れはとても速く、既に淘汰されてしまったコンテンツも多数ある中で若手の旬な配信者の動向を見るだけでも、また彼らを起用するだけでも売れ行きに左右される時代です。今後も暫くはYoutubeやSNSを利用したメディア戦略が最大の宣伝になるのでしょう。

どうあってもドラクエは売れ続けてほしい

話が脱線しましたが今回のドラクエは「そこそこ売れる」でしょう。私の予想は外れるのであまり参考にしない方が良いと思いますが、しょうもない根拠としてはニンテンドースイッチの軸に乗って居ないこと、2種類の機器がドラクエの購買層とのニーズが少しかけ離れていることと感じております。

また逆にこれらを払拭する程売れてほしいという気持ちもあります、今年で40になるオッサンの私がこの一つの節目にドラクエが未だに新作で遊べる喜びはこの発売日前日にこんな長文を書いている理由をお察し頂ければ、と思います。

ともあれ堀井雄二さんとすぎやまこういちさんが手がけた最新作 『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』 発売おめでとうございます!寝る間は惜しみつつ遊びたいと思います!