この記事の読了時間 : 22

DQXが快適に動作する格安BTOパソコンを考えてみた

DQXが快適に動作する格安BTOパソコンを考えてみた

格安な構成で考えてみました

今回は前回に続きましてドラゴンクエスト10を快適に動作が出来、しかも出来るだけお安くパソコンが作りたい方向けの構成を考え、前提として単に格安というのは将来的に考えても動くだけで快適に使えないことから飽きがこない速度を考慮して選出を行いました。

まず費用は合計で37,736円(2017年7月5日現在)となりました。かなり絞った構成ですが速度的には全く問題のないスペックとなっています。

DQX推奨構成PC

構成でこだわった場所は?

まず今回もSSDはM.2を選びました、グラフィックボードをオンボードで妥協して頂く代わりとして、読み込み速度は不自由なく動作が行えればと考えました。どうでも良い事として、SATAケーブルを全く利用していない事に驚いて頂ければと思います、ほとんど一枚板で動作している様なものですのでスッキリさせました。

因みにドラゴンクエスト10はかなり低スペックでも動作しますのでコインボスや常闇シリーズでのレスポンスを要するシーンでも問題なく動作すると思われます。ただし今回は費用を抑えようと光学ドライブを候補に入れておりませんので、パッケージ版の購入は推奨されず、ダウンロード版を購入される事をおススメしております。

これから始める方にとってはちょっとストレスに感じる事かもしれませんが、パッケージなんてものはインストールを行えばディスクじは不要となり、最初にレジストレーションコードを入力して終わりですので、深くは考えない方がよいかと思われます。

PS4よりは間違いなく速い

所感ですがグラフィック処理を除けば、PS4より処理が早く、Webを観ながらゲームをプレイすることができますので、専用ゲーム機と比べる必要は無いと思われます。それよりも今後ライバルとして考えられるのが携帯ができるニンテンドースイッチでしょうか。

もしYoutubeなどでライブ配信をしたいという理由やご自宅でしか遊ばないというのであればパソコンが最適ですが、どこでも遊べるという利点と考えれば今一度考えてみて下さいね。

最後に、低価格でもこれ程までに高速で動作させることができるパソコンがお作りで来ますので、もしご興味があればご相談ください、起動は無茶苦茶速いですよ〜