Fallout 76 が発表され、必要なPC構成を考える

この記事の読了時間 : 219
BE3_2018

「Fallout 76」はオンラインプレイが可能になりました

本日E3で「Fallout76」が発表になりましたね、発売は11月10日なので日本では11月11日でしょうか。これらの発表の様子がLiveで放送されておりましたので、まずはご覧になっては如何でしょうか。

“Fallout 76″は立ち位置的にはどのジャンルになるのか

感覚的には「Fallout」にモンハン的っぽいを要素の共同プレイや「核」を奪い合うPvP的な要素もあったりと、「シングルプレイでも十分に楽しめるが困難な場合は協力プレイが不可欠」と曖昧なニュアンスであったが、実際のオンラインプレイではバチバチのPvPに仕上がりそうな予感がします。

しかし、フォールアウト好きのユーザーは「シングルプレイが好み」の方が殆どだと思われるので、建造物を立てたり、自由にクエストを進めてゆける事がなによりも楽しかったりするのがこのゲームの醍醐味。ならば尚更今回のフォールアウトもオンラインこそ検討はするが押さえておきたいという心情があるかと思われます。

オススメ?のPC構成は

そこで今回は「この程度のスペックならサクサク」というPC構成を載せてみます、あくまでも参考になればと思いますが、もちろんこれよりも低いスペックで動作させる事も可能なのであくまでも「参考」という事をもう一度だけお伝えしておきます。

パーツ品名
CPUAMD Ryzen 7 1700
CPUクーラーCorsair H115i 水冷キット
マザーボードMSI X399 GAMING PRO CARBON AC
メモリG.SKILL DDR4 PC4-19200 8GB 2枚組
ビデオボードELSA GD1080-8GERXG (GeForce GTX1080 8GB GLADIAC)
電源Seasonic SS-760XP2S (760W)
SSD(M.2)Samsung 960EVO MZ-V6E250B/IT (M.2 250GB)
ヒートシンクHM-19A (M.2チップ用)
ケースCorsair Carbide Air 540

現在では相場も安定してきるおりますので20万円代の構成で考えております。Intel製品を考案しなかったのは「なんとなく」です、もしi9などを実装した構成でも良いかもしれませんが、CPUとGPUは頻繁に交換される事をオススメしますので、コスパでみるか性能でみるかはご本人次第にはなるでしょう。

もし予想よりも高いと思われた方。その場合は型落ちのCPU(時期ではLGA1150ソケットが対応している程度)を中古で買い、その規格に合うマザーボードとメモリを新品で買いましょう。性能は落ちますが低スペックのCPUを購入するよりは遥かに速度は良いはずです。

基本はまずソフトを購入する事、現在のパソコンで既にフォールアウト4を遊ばれているのであれば、PCの購入は後回しでも構いません。その程度のスペックで満足する事もありますので、納得が行かない場合のみPCの新調を考えましょう。

フォールアウト4で予習しておかなきゃ!!
BE3_2018

ABOUTこの記事をかいた人

ピシコ

北海道の苫小牧市でパソコンとiPhone修理を営んでいます
ゲームが好きで発売日は早退したくなりますが我慢してます
あとハムスターがとても好きです