モンハンワールドは攻略本もサイトも「切り離し」が可能になれば、という要望

この記事の読了時間 : 331
モンスターハンター:ワールド

モンハンワールドは攻略本もサイトも「切り離し」が可能になれば、という要望

なんなんですかねこの「MONSTER HUNTER:WORLD」というゲーム、止め時が見つからないんですよ。不思議なのが一部ではオンラインゲームなのですが、結局は独りで練習のようにモンスターに倒されても、繰り返す事を苦とも思わない事がこのゲームの魅力なのでしょうか。私は社会人ですので遊べる時間は限られておりますが、時間を決めて遊べることで周りに流されることなく自身のペースで進める事が人気が衰えない理由なのでしょう。

攻略は本かサイトか、どちらも長所がある点

今回は私が初めて体験した「モンハン」ですが、どんなゲームでも攻略本や攻略サイトというモノが存在します。その中でも売れに売れているモンハンの攻略本ですが、マップも見やすくモンスターの弱点など要点がまとめられ、とても重宝しております。ですが「素材」などの採取の際は、モンスターから剥ぎ取るものなのか、またはフィールドでの採取となるのか、またはその場所や条件を即座に調べるにはWebサイトでの攻略情報に勝るものはありません

キーボードクラッシャー

この「」と「Webサイト」には共通して言えることがありまして「情報量が無駄に多すぎる」という点であり、例えば攻略本ではクエスト内容は掲載する必要はなく、攻略サイトでは単一ページを乱立し過ぎな所があります。これは内容を否定しているのではなく、この中間が欲しかったりするのです。つまり「MAPは本」が読みやすく、「収集すべき素材」ではサイトでの検索が容易な事から、皆さんも必ず行っている人は居るかと思いますがチラシの裏に書くようなメモの内容が一番重宝する事であると感じました。

ルーズリーフの様な切り離せる攻略本が欲しい

情報が常に書き換えが行えるWikiのお陰で、管理者以外でも書き込みが可能となった仕組みでゲーム攻略サイトは飛躍的に伸び、今や広告収入で年間1億円を稼ぐとも言われているカリスマが居るほど。

キーボードクラッシャー

それはスマートフォンの普及で現在ではゲーム会社自らがWikiを立ち上げる程までとなっており、本の重要性を感じられなくなってきている事から、攻略本に関してはゲームの発売日と同時に発行される事から、Webサイトでは知り得ない情報が手に入る事から、書籍はそれなりに根強い人気を誇っているのも現状です。「攻略サイト見るの面倒だから本を買おう」とする方、「物が増えるのが嫌なのでWebで済ませる」という方、どちらも正解だと思っており、この狭間で「もっと見やすい情報があれば良いな」と思う方が少数は必ず居るはず、つまりこれを書いている私の事なのですが。

本としての要望をまとめると、飛ばし読み出来る本は小説や漫画や雑誌であり、「攻略本は見開いて固定して利用する」事から、切り離して使いたい衝動に駆られるのです。「素材のページを確認してからMAPのページを開いて行く場所を決める」という行為だけで本を何往復する事になるのであれば、いっそ切り離して使う事が出来れば良いのに、と。

Webサイトでの要望をまとめると、Wikiの仕組みは現状そのままで、欲しい情報だけを各項目を1ブロックに見立てて自身で好きなブロックを陳列して専用のページにする事が出来ればどれだけ素晴らしい事かと感じますが、もう既に存在しているのでしょうかね。もし可能であっても無償での提供はサーバー容量やトラフィック量を考えれば難しいかと思われますが、月額制にすれば喜んで支払います。

ゲーム

つまり欲しい要望は「切り離しが可能であればいいな」って事です。私は本が邪魔だと思っている事もなくサイトも便利だと思っているのでそれぞれの長所を更に活かした書籍やコンテンツが展開されれば、限りある時間で遊ぶ事しか出来ない方にとって惜しみなく投資したいと思うのですが、ちょっと大げさでしたかね。

あと、これって試験対策の問題集でも応用できる事なので、もしこれからコンテンツや書籍を作る方がこのブログを見られているのであれば作って見せて欲しいですね。「ノートを取ればいいじゃん」と言われそうですがノートを取るのが面倒だからこう考えるのです。

モンスターハンター:ワールド

ABOUTこの記事をかいた人

ピシコ

北海道の苫小牧市でパソコンとiPhone修理を営んでいます
ゲームが好きで発売日は早退したくなりますが我慢してます
あとハムスターがとても好きです