フレッツ光のルーターが故障?設定後に再起動され初期状態に

この記事の読了時間 : 238

通信 インターネット
本日の案件の内容で「ネットが繋がらない」とのご相談。過去にサポートを行った内容の殆どは停電や落雷で被害に遭い、ルーターの電源が入らないという問題が多かったのですが今回は違いました。それは何度設定を行ってもNTT東日本で支給されている光ルーターが初期化されてしまうという障害でした。

そもそも光ルーターに絶大な信頼をおいている方もいるかと思いますが、構造がシンプルなことで実は意外にも不具合は出まくりなのです。今回もお客様は幾度とNTTに電話をしているようなのですが、遠隔操作で通信の確認してもらっているようなのですが、結果は「問題なし」との事これって光での通信が確立されていればPPPランプが付いていなくても、また付かなくても問題がないと見なされるのです

では具体的にこちらのお客様で対処した方法を記しておきます。

復旧までの一連の流れ
1.光ルーターを初期化
2.光ルーターにプロバイダの情報を入力
3.直後はPPPランプが光るが数分後に再起動され、「初期設定」ランプが点灯
4.再びインターネットの通信が行えなくなる
5.念の為「1」から行い「4」に戻るのを2回確認
6.他社製品のWiFiルーターがあるのでPPPoE設定を行う
7.WiFiルーターのファームウエアの更新を行う
8.とりあえずは常時インターネットが使える環境が出来た

根本的な解決には至りませんが、とりあえずはインターネットが使える状態になったになった事でお客様は満足されました。ですがお客様には「NTTに連絡して光ルーター交換をしてもらって下さい、今回の症状を伝えておけば間違いは無いはずです」とお伝えしておきました。

因みに、これを読まれた方で「これで料金をお支払い頂くの?」と思われる方はおられるかもしれませんが、購入ができる通信機器の場合は事前に車内に用意しているのですが、購入ができないレンタル専用品の不具合が原因の場合は交換後もそのままご使用が出来るように配慮する事が大事です。

つまり一つも改善されない場合で出張費用だけ頂くことはお客様にとって何も良いことが無く、単にお金を浪費した事になるのですが、これを車で例えるならインキーした状態でドアが開かないよりはキーを壊しても開けて翌日以降にディーラーに修理を依頼する事で、その日の帰宅が車で可能とはなります。これはどう取るかはご本人様次第。

ちょっと伝わりにくい内容でしたが、まずは通信をさせることが目標であり、どうにもならない事を永遠と繰り返して時間を浪費し、お客様も疲れてしまわないように配慮する事がパソコンサポート屋としての使命であり、ご依頼を頂ける理由にもつながると信じています。

なんでも一歩進む事が大事ですよ!と余談が多かったかなー
通信 インターネット