この記事の読了時間 : 319

Archer C50

今期のベストバイWiFiルーターはArcher C50!

TP-LinkのArcher C50は安価なのに4本アンテナ!

ほんとうにこのお値段でいいの?と思ってしまう程に4,000円を切る価格(Amazon.co.jp限定価格)でコスパの良いWiFiルーターが登場しました。「え?TP-LINK?なにそのメーカー?」と思われがちですが世界ではとても有名な通信機器メーカーです。むしろ世界では「BUFFALO?なにそれ?」と言われていると思って下さい。

このメーカーの特徴は安価であるのに繋がりやすい事が絶賛されており、価格以上の機能が付いています。もし国産のWiFiルーターで同売価で比べれば機能やつながりやすさは体感してみて頂きたいメーカーです。因みに設置や設定はとても簡単で、光ルーターとLANケーブルで繋いで、WiFiをスマホで繋いで専用アプリで設定をするだけ。WiFiの管理もファームウェアのバージョンアップも容易な素晴らしい出来です。

Archer C50専用アプリ

TP-Link専用アプリ”Tether”を使えば、モバイルデバイスから簡単に設定&管理ができます。


唯一の疑問はブリッジモードの切替え方法

長所ばかりご説明をしてましたが短所もあります。それは多機能と称しているににも関わらずブリッジモードを切り替える物理スイッチが存在しません。これは唯一の不満な点です。

方法はこちらに記載しておりましたが、ザックリと説明を致しますと「ブリッジモードを使うのならば光ルーターをWANではなくLANポートに刺しみ、DHCPを無効にする」という方法でしかありません、ぶっちゃけるとかなりお粗末な方法です。1,000円くらいコストを上げても良いのでWANポートを物理スイッチに対応してほしいものです。

TP-Linkブリッジモード

TP-Link社のブリッジモード接続方法はWANポートをLANポートに差し替えるという方法


前もってお伝えしておきますが、ブリッジモードの機能は用途によっては全く必要としません。私の場合はWiFi専用となる機器のGoogleCastやノートパソコン等で、光ルーターと異なるIPアドレスの環境ではファイルの共有で(安易に)利用ができない事が困るのです。マニアックな使い方だと思われがちですがパソコンのGoogleChromeの画面をGoogleCastに転送する際もブリッジモードでなければ異なるセグメント(階層)となりますのでPCからWiFi機器を認知できないという事になります。

BUFFALOやNECなどでは当たり前にように実装されているこのブリッジモード、この辺りは日本らしさを感じますね、まさにかゆいところに手が届く機器です。よってWiFiはスマホだけで使われる方にとってはとても素晴らしいモノですが、複雑なネットワーク環境を構築されている方にとってはある程度の知識とコツを覚える必要があります。

ルーターは2年に一度は交換した方が良いと以前に書きましたが、安価なWiFiルーターならではの最新で旬な機能をご堪能するのは多少の苦労も必要なのですね・・・

最後に、今回のモデルはLANポートは10M/100Mのみですのでギガビット環境をお求めになられる方は上位モデルをお買い求め下さい〜