現在のインターネット代 は?

この記事の読了時間 : 26

ネットワークHUB
こんなメールマガジンが来た、それも契約しているプロバイダから・・・知ってるでしょ!って言いたい所ですがそこはメールマガジンなので料金を見直す意味でのおススメ情報だったりしておりますがやはり気になるタイトル。

以前に書いた記事で私の月額の固定回線使用料金はプロバイダと含めて3,294円。これはマンションタイプという契約なのですが、ギガプランでこの価格は正直安すぎですね。

格安スマホとパソコンで固定回線(WiFi)の時代に?(後編)

2017.03.09

安い住居に住んでも世帯の数が満たない場合はマンションタイプが適用にはなりませんので、自ずと個人で回線を引きこむ「ファミリータイプ」の契約になります、そうなれば必然的に固定回線の支払いは安くても6,000円〜7,000円になっちゃうんですよね。

マンションタイプでも世帯の数によって「プラン1」、「プラン2」、「ミニ」というのがあります、もちろん価格は世帯が多い所が安くなるようです

ちょっと話は反れますがインターネット無料の賃貸がありますが、オーナーが支払って代理でネットと繋いでいる事で回線速度に関しては運任せとなります。速度は気にならなくてもプロバイダによっては規制もある事でゲーム機で通信を行う意味でも安定した回線が望ましい事で結果として自身で申し込みをされる方もいるようです、ちょっともったいない。

つまり何が言いたいかと言いますと、固定回線の契約は「マンションタイプでギガプラン」が望ましいと考えています。更に個人的にはフレッツ光は回線が混んでいるので「au光」がベストなのですがマンションタイプで契約が行えるKDDIの会社は本当に少ないのが北海道です。

話を戻しまして、マンションタイプで契約が行えればファミリータイプと比べて最大3000円程の差になりますので、賃貸を決めるポイントとしては5000円高くても回線の条件の良い所に済むべきかと考えます。なにせ、結果として固定回線で支払う事になるんですから。

そんなこと知ってるよ!」と思っていてもそこまでは気が回らないのが物件選びですので、改めてしておくと良いですよ。

うんちくお疲れさま!
ネットワークHUB