「TLSセキュリティ設定が使用されている可能性があります」と表示される原因

この記事の読了時間 : 219
バンク 銀行

しんきん等のネットバンクで起きている現象

先日、ちょっとしたお問い合わせがありました。その内容は「しんきんのネットバンクがTLSエラーが出て利用できないんだけど」という内容。こちらのお客様は数日前にWindowsを7から10に変更した事は当店で承っておりました。

ここでギモンが発生します、お客様はネットバンクの設定の行い方も仕様も十分に理解している事を理解しているのですが、お問い合わせを頂くという事は通常の認証の方法ではネットバンクを利用出来ないという事になります。

Windows10だけが問題ではない

ここで少し調べてみると簡単に原因と解決方法が掲載されておりました。

http://www.shinkin-central-bank.jp/hib/oshirase/win_fuguai_houjinscl.pdf

原因は「WindowsUpdateを行うと不具合が生じる」というもので、具体的にはアニバーサリーアップデートが原因である事がわかりました。つまりWindows10で特定の環境とはアップデートを行う事が原因であって通常の設定方法ではエラーが発生してしまうというものでした。

私が言いたいこと

ここで整理をすると、今回お問い合わせを頂いたのはたまたま「パソコンのWindowsをリカバリしたのは当店」という事だけで、これらの不具合は必然的に起こるものという結論に至ります。

ここからはお客様にお伝えするのではなくこの様なサービスを提供している方に言いたいことですが、何故問題が発生しているのに告知を行わないのでしょうか?因みに苫小牧信用金庫ではホームページでしっかりと告知を行っており、対処方法までも記載されておりました。

ですが表題が「WindowsUpdateによる不具合」と記載していては誰も気付きませんよ、この場合は現在発生すしているエラー表示内容を記載する必要があります、今回では「TLSセキュリティ設定が使用されている可能性があります」ですね、これは本日のタイトルであって・・・もうお分かりですよね。

利用している人も無知ではありません。このような問題は「逆引きのようなキーワード」で調べる傾向があるということです。これを読んだシステム管理者さんは可能であればホームページの「おしらせ欄」の内容を修正して頂ければお問い合わせは格段に減りますよ。

ネットバンクは利用者にもっとわかりやすい告知や説明を希望します
バンク 銀行