WiFiルーターの電波が切れる理由?何をしても改善されない方へ

この記事の読了時間 : 332

WiFiルーターの電波が切れる理由?何をしても改善されない方へ
先日、お電話でのご相談を頂きました。その内容は冒頭のタイトルの通りなのですが「WiFiルーターを最新のものに取り替えても通信が途切れてしまう」との事。これは私も3回ほどお伺いをさせていただきましたが、改善の見込みがない反面、環境での問題点が3つありましたので、まずはこれらを挙げ、因果関係の有無はさておき考察したいと思います。

2.4G帯が原因?5G帯の環境を試すこと

まずは「考えにくい」問題としてひとつずつご説明を行うのであれば、WiFiルーターから発信される電波では、2.4Ghzと5Ghzの2種類が存在し、さっくりこの電波の説明を行うと以下の流れになります。

2.4Ghzと5Ghzの長所短所
2.4Ghz : 電波が強いが妨害電波を受けやすい
5Ghz : 電波は弱いが妨害電波を受けにくい

更に補足を入れると、2.4Ghzは汎用性が高く、古いゲーム機器や家電で多く採用されている事から、切っても切り離せない存在にあります。つまり最近のWiFiルーターは必然的に2.4Ghzと5Ghzの2つが共に発信されている事になり、古いスマホ(iPhone含む)では妨害電波を受けやすく、最新の家電やスマホでは5Ghzに対応している事で比較的安定した通信を確立できます。

もしかするとこれが原因なのか?とも思いましたが、あからさまにご自宅の隣の部屋に入ると電波が途切れてしまう例もある事から、妨害電波の線は確定ではなく、原因の一つとして考えるしかなさそうです。

固定電話の子機のワイヤレスが妨害?

次にこちらのご自宅の場合、ブラザー製品のFAX兼電話機があり、これに子機が付属している事から、WiFiルーターの通信を妨害しているのではないかと推測もしました。これは可能性として非常に低いものの、安定性としては欠けるものがありますので、可能であれば取り外しての検証を行う余地はありそうです。

iPhoneと相性の良いWiFiルーターはある?

最後に、3度目の正直と言いますか、初代はNEC製、2代目はBUFFALO製となり、共に日本国内で有名なWiFiルーターのメーカーです。この2社を選べば安心と言われておりますが、比較的安心というだけで電波の強度についてやiPhoneとの通信が安定するかと言われるとそうでもないようです

海外では「ネットギア」と「TP-LINK」の2社が有名ですので、もし採用するのであればこれらのどれかをご紹介する事で、安定性としてじゃなんらかの効果があるかもしれません。

今回考えているのはTP-LINKのルーターで「Archer C3150」をおすすめしたいです。これは4本での電波でかつ安定した高速通信、またiPhoneとの相性もばっちりですので、価格も1万7千円と少々お高いものの、国内で販売されているWiFiルーターでは真似のできない作りと価格帯となっておりますので、試す価値は十分にあるかと思います。

この問題点として挙げました3点の考察、如何でしたでしょうか?。もしかすると既に導入されても改善されな場合があるという方もいるかもしれませんが、その際はご自宅の壁の内側に鉄筋などが入っている可能性があります。

無駄に思える確認作業ですが、今一度ひとつずつ確認して頂ければ解決の糸口が見つかるかもしれません。

まずはお試しくださいねー
WiFi

ABOUTこの記事をかいた人

ピシコ

北海道の苫小牧市でパソコンとiPhone修理を営んでいます
ゲームが好きで発売日は早退したくなりますが我慢してます
あとハムスターがとても好きです