この記事の読了時間 : 235

RT-AC1200HP

WiFiルーター界の黒船、ASUS製を1年間使ってみた感想

RT-AC1200HPを購入しました

皆さまはご自宅でWifiルーターはどのメーカーをお使いですか?

私はお客様にはNECBUFFALOのWiFiルーターをよくおススメしています。もちろんお客様の好みもありますのでご希望に合わせてご提案を行っておりますが、私の自宅ではBUFFALO製を利用していたのですが、Apple製品に限り何故か通信が途切れるので困っておりました。

内蔵するチップとの相性や近隣のチャンネルの干渉、原因を解明するのも大事ですが、そもそも安定したルーターであれば問題ないだけの話ですし、安価で優れた製品を模索していた所、海外のASUS製のWiFiルーターが目に留まり5,500円でしたので試しに購入してみました。

ASUSTek 11a/b/g/n/ac対応 867+300Mbps デュアルWi-Fiギガビット無線ルーター RT-AC1200HP

黒船は思った以上の性能

まず見た目の外観がキラキラしています、インテリアとしても悪くはない。スマホがあれば設定は簡単で専用のアプリを使い、初回はパスワードがかかっておりませんので簡単にパスワードの変更、無線の名前(SSID)とKEY(パスワード)を入力すれば設定完了です。

iPhoneの電波感度も良好、BUFFALOで途切れていた頃が嘘のようにサクサクと通信ができます、この段階で「あれ?これって良いんじゃないか?」と思い始め、YouTubeを連続再生してみたりと普段利用している流れに沿って試してみましたがまったく途切れない、これは私にとっては大当たりなWiFiルーターでした。

今でも不満なし

気がつけば1年、なんのストレスもなく利用しており、複数台iPhoneで高付帯で通信を行っても遅延はありません、後で気が付いたのですがこのASUS製のルーターには負荷分散装置があるようで、これがあれば通信に負担がある場合にルーターがダウンしにくい処置として、この機能は本当にありがたいです。

通信が途切れない生活が当たり前となり、10年ほど日本製ルーターを利用していた私ですが考え方が変わりましたね。ここで良いと思ったポイントを書いておきます。

気に入った点
・5,000円前後で安価で購入できる
・定期的なリブート機能がある
・スマホアプリで全ての管理が出来る
・負荷分散装置で落ちにくい
・ファームウエアの更新がまだ行われている
・NASに出来る(安価モデルでは珍しい)
・デザインが良い
・ゲーム機との相性も良かった

最近では「TP-LINK製」のWiFiルーターの評価も高くなってきましたので、海外製のルーターは安価で高性能ですのでインターネットショッピングが定着している現代では少しずつですが浸透してきそうですね。新生活も始まり、WiFiルーターの購入を検討している方に参考になれば幸いです。

WiFiルーターの設置をご希望の方はお問い合わせ下さい♪