iPodClassicのバッテリー交換方法

この記事の読了時間 : 129

iPodClassicのバッテリー交換方法

iPodClassicの修理

先日珍しいご依頼がありまして

iPodClassic(120GB)のバッテリー交換を承りました

バッテリーは割りと小さいですね


バッテリー交換ではアップル製品の中でもトップクラスの難しさとの事なのですが

どこが?

と思いましたが開梱作業時に実感しました…(笑)

まず、簡単には開かない・・・ほんとに開きません

さすがジョブスが健在の時に生まれたiPodです

薄い金属製のヘラをパネルの隙間から差し込んでゆっくりと開梱してゆきます


ここまで開きましたがコツとしては

下の画像の赤丸箇所の突起をヘラで押さえつけながらではないと外れません


気がつくまで5分(笑)

開梱が出来ましたら交換前に新バッテリーで通電できるか確認しましょう


通電を確認ができましたら交換を行いますが

バッテリーを剥がす際の注意として下に

ホールドスイッチを配線しているケーブルがあるので

絶対に断線しないように気をつけてくださいね

断線したらホールドスイッチが死にます(笑)

バッテリーケーブルは細いのでピンセット等で外し

力を入れずにゆっくりと所定の差込口に戻してください


後は正常に起動することを確認し

パネルとカバーをもとに戻して終了です

もし正常に起動しない場合は真ん中のボタンと上キーを同時押しで

画面が消えるまで、または画面がつくまで試してみて下さいね

ABOUTこの記事をかいた人

ピシコ

北海道の苫小牧市でパソコンとiPhone修理を営んでいます
ゲームが好きで発売日は早退したくなりますが我慢してます
あとハムスターがとても好きです