折れたUSBスティックを溶接して修理してみました

この記事の読了時間 : 134
折れたUSBスティックの溶接

USB折れによる「はじめての」溶接作業

閉店間際に遠方からのお客様がご来店。ご相談の内容とはUSBの先端が折れてしまい、読み取りどころか認識さえされなくなってしまったとのことでした。ですが当店ではUSBメモリスティックの溶接修理はほとんど行った事がありません。思いつく限りの方法で復旧を試みたわけです、それが・・・ハンダ処理・・・大丈夫かな?

冒頭の写真を見て下さい

結果としては大成功なのですが、要は折れた箇所の接点を溶接すれば良いだけのお話なのですが、ハンダ処理に関してはまだ未熟ですので、頑張ってもイモはんだ状態・・・いやぁーセンス無いです。それでも接点をしっかりと溶接すれば読み取りは出来るはずと信じて、根気よく行ったところ、まさかまさかの大成功。

テーレッテレー♪

お客様の息遣いも安定した様子で、ゆっくりと新調にデータを取り出し、代替えのUSBスティックにデータを移植しました。よかったよかった・・・・ん?これで終わりですかって?そうです、これだけなのですが嬉しくてブログにしてしまいました。

なんでもやってみるものです。お客様曰く「これで徹夜を行わなくて済んだ」との事で、睡眠は大事ですからね。良かったですねーーー!

同じ様にお困りの方がいれば修理を試みますよー!
折れたUSBスティックの溶接