この記事の読了時間 : 28

iPhoneの基盤修理について

iPhoneのICチップ交換対応を順次拡大します

ご報告です、今後はハンダ溶接を使ったiPohneの修理やゲーム機器の修理を行う流れとなりそうです。現状のご依頼の大半は液晶パネル交換やバッテリー交換が多いのですが、ICチップ交換のご依頼の需要が増えたことから各半導体チップの仕入れを急ピッチで進めております。また日々の業務に加えての特殊な修理の為、お時間はかかりましたがお客さまにご提供できるサービスとして精度は増しておりますので順次ご案内を致しますのでよろしくお願い致します。

では具体的に基盤の修理とはiPhoneでどの程度行えるのでしょうか?
以下の症状をご覧になって頂き、それらのご対応が可能となります。

ICチップ交換で修復出来る内容
・画面が映らない
・画面は割れてはいないがタッチが出来ない
・充電が行えない
・ずっとリンゴマークが付きっぱなしで起動しない
・リンゴループを繰り返している
・iTunesでiPhoneをつなぐと[400x系]のエラーが出る



一見、部品交換で修復可能な内容に見えますよね?
これは「部品交換では直せなかった事例」であり、基盤の各ICチップを交換した事で修復できました。また気になる修理価格ですが少々高めです。およそ1万円以上はすると考えて頂ければと思うます。ですが他の基盤修復業者さんではこの2倍はかかると思って頂ければかなりお安く設定を考えております。

また、基盤の損傷は1部位ではなく複数交換を要する事もございますので、都度ご報告を行えないご了承を頂ければ修理の運びで考えておりますのでよろしくお願いいたします。

余談 その1

良い工具が揃いましたので私物ですがでPS3のYLOD矯正を行いました。これは電源を入れると3秒程度で切れてしまう病状でしてハンダクラックが原因でしたのでフラックス剤を流し込みヒートガンでチップを温めて(熱してに近い)ハンダを再溶接させる手法です。友人や知人のPS3を幾度か修復したことがありましたが工具のおかげでかなり簡単に修復が行えております。

PS3YLOD矯正

余談 その2

最近はニンテンドー3DSの充電コネクタの修理を活発に行っておりますが、コツを掴んだのか10分程で交換する事が出来るようになりました。しかしマイクロスコープって本当に便利ですね、自身が完璧だと思ってもスコープで観ると大分粗を見つける事ができます。しばらくは反復練習しないといけませんね。

3DS修理