iPhone7とiPhone8の修理パーツ入荷しました!

この記事の読了時間 : 159
iPhone8

ようやくiPhone7と8のドックコネクタを入荷しました

需要がなかった訳ではありませんが、先日ようやくiPhone7とiPhone8のドックコネクタを入荷致しました。これで充電が行えない問題の特定を行うことができそうです。また、お問い合わせの多かったiPhone7のカメラを保護するガラスも入荷致しましたので画面割れだけではなく背面のカメラの修理も行うことができそうです。

改めて、ドックコネクタってなんですか?

iPhoneのパーツの知識に精通していれば「あぁそれね」と言いたい所ですが、突然ドックコネクタの交換と言われてもパッとしないかもしれませんね。これは「充電を行うLightningコネクタの入り口」や「音が鳴るピープ音」、または機種によっては「ヘッドホンジャック」や「ホームボタンの内部のケーブルのコネクタ」も存在しているなど、1つで複数の機能を果たしているコネクタという事になります。

ですので、iPhoneの下部はドックコネクタがほとんどの機能を補っていると言っても過言ではありませんので、非常に大事な部位であり、これらの不具合はドックコネクタを交換すれば修復できたりします。

そんなドックコネクタを現在まで入荷していなかった機種に関しましては、申し訳ありませんとしか言いようがありませんが、最近の機種は耐水性が優れている事が影響しているお蔭で破損にまで繋がるご報告を頂くケースが減っていたというのもあるのです。

iPhone7の背面カメラのガラス交換費用はお安くできそうです

巷では高いと言われているiPhone7の背面カメラのガラス交換費用ですが、今回仕入れを行って見た所それほど高額ではなかったんですよね。他店では17000円という高額な修理費用を頂いているようですが、当店はもっとお安く交換が行えるように調整しますので、お困りの方はお問い合わせ頂けましたらお値段をお伝えしようかと思います。

これも具体的な修理費用は交換してみないと工賃が割り出せないというのもありますので、まずはモニター価格としてご提供をして、その後に公式にお値段を出したいと考えております。こんな手探りな経営で大丈夫?と思われそうですが少しでもお安くご提供したいという気持ちからお値段をいきなり決めるのはどうかと思っておりますので、ご理解お願いします。

iPhone8