WiFiが繋がらない症状が増えておりますね

この記事の読了時間 : 218

WiFiが繋がらない症状が増えております
連休中によくある内容なのですが、「ネットが繋がらない」や「WiFiが繋がらない」という問題が何故かこの時期に多くご連絡を頂く事が多い気がします。

インターネットが繋がらない原因は様々
・PCやスマホの経年劣化
・モデムやルーターの経年劣化
・WiFiルーターの故障
・特定の諸事情による問題

今回は気になる項目となる「特定の諸事情による問題」をピックアップしたいと思います。

○○が原因でネットが繋がらない

ネットが繋がらない原因は一見、通信機器(ルーターやモデムなど)を真っ先に怪しむものですが、過去の症状から判断すると稀にパソコンでもなく通信機器でもなく、意外にも「料金の未払いが原因」という事があります。

これはどういう事かと申し上げると、契約していたサービスプロバイダーや、NTT東日本のフレッツ光のサービスなどでクレジット契約を行っている方がおられると思います。またクレジットカード会社は未払いをそのまま蔑ろにする筈がないので、これに関しては稀に「カード詐欺に遭われた場合は利用を一方的に停止されている」事が多く、その手続が滞ってしまう事で「インターネットの回線が契約無効の状況となっている」事があります。

では事前に連絡が来た覚えがない方は、クレジットカード会社はメールでお送りするだけで電話連絡が来ない事も有る様子ですので、もしこのような事態になった時はルーターの「ONU」ランプを確認する方法しかありませんので、必ず電話にて確認を行ってみて下さい。

連休中はトラフィック過多による遅延から生まれる不具合も多い

最近の連休では自宅でゆっくりとされる方も多く、理由は自宅に居ながらでも友人や知人とコンタクトを取りやすい環境になったSNSや、NetflixやHuluのような定額映像配信サービスを満喫が出来る時代にもなりました。

つまり昔と違ってホームページを観るためにインターネット回線を契約される方よりも上記のような使い方もされる事から、通信量に関しては各サービスプロバイダーが想定外の事態に陥る事があり、定期的にメンテナンスを行っているのが現状です。

そのメンテナンス後に通信が行えなくなるという事例が多く、これらは回線終端装置やルーターの再起動で直るものなのですが、それを行う事なんて日常的にはあまり無いことから「インターネットが繋がらなくなった」という事態になります。

結論としては支払いの状況と回線機器の再起動で回線が復旧できない場合は機器の交換を行う事をおススメしておりますので、まずはこの2点の確認作業を行ってみては如何でしょうか。

最強WiFiルーターのAC5400を設置してみた