そうきたか!Softbankの新サービス発表会のキモ

この記事の読了時間 : 257
ソフトバンクの新サービスに関する発表会

実質3割値下げをするよ、でも端末値引きはもうナシね

政府も一本食わされたのではないでしょうか、まぁお互い様ですけどね。2018年8月29日にSoftbankの新サービス発表会がありました。その中で、今回は5大SNSのサービスと動画配信を無制限にさせる「ウルトラギガモンスター+」というサービスが始めるとのこと。この詳細はITメディアのサイト「動画・SNS使い放題+月間50GBで7480円から」を参考にしてほしい。そこで、これらの発表に伴い、細かい料金プランはさておき、ウルトラギガモンスター+の使い方を考えてみたいと思います。

鬼のようにYouTubeを診ているのならお得

結論から申し上げれば、無料動画視聴を目的としたYouTubeなど以外では、それほど魅力を感じないと思いました。その理由として「LINEでは通話全般が対象外」、「FacebookとInstagramでは音楽の再生とメッセージのやりとりが対象外」、「Huluでは動画視聴が対象外」、つまりIP通話にまつわる事に関しては追加プランであっても対象外となり、通話を目的として加入をしても無駄ですよーって事になります。

ですが、YouTubeを沢山視聴される方にとってはとっても魅力のあるプランですよね、しかも50GBも付与されていますので、これで使い切る人はいないのではないでしょうか。個人的に残念なポイントとしてはNetflixがそもそもの対象に含まれていないということ・・・・これは痛い。むしろ私にとってはNetflixはもはや無くてはならないコンテンツなのです。

つまり50GBの付与はこのような対象外のコンテンツで消化する事になりそうで、LINE通話に関しては実は30分通話しても15MB位なのは皆様も実はご存知なはず。私は既にSIMフリーのiPhoneでで格安SIMを使用している事で、毎月2GBの付与で生活しておりますが、会社にも自宅でもWiFiがあるので殆どパケットの使用はしておりません。考え方一つですが、これは特定の若者には非常にありがたいプランかもしれませんね。

今後は端末料金の値引きは無しに、皆さんどうします?

ここで問題となるのが、時期iPhoneを割引無しで購入しなければならなくなったという事。これは政府が携帯料金を4割下げるという支持をキャリアに課せている事で、キャリアとしては「あ・・・そうですか、それならパケットは3割引きますので、iPhoneは頑張って支払ってね」という仕掛けに変わりました。

そうなるとどうします?iPhoneXなんて14万ですよ?結果として毎月の支払いであった不透明な「実質無料」と打ち出していた時とはお安く感じますが、吉野家で例えるなら特盛のサイズが大盛りになっただけで、お肉を多めに食べたければさらに追加でお支払いしなければならない事態となってしまいました

政府は企業をバカにしてるのでしょうかね、「そうすれ」と言われれば「こうする」のです。つまり打開策は「中国産で人気のHuaweiを買って貧困を乗り切ろう!」と宣伝しているような結果となりました。皆さんはそれでもiPhoneを買いますか?買いますよね?

今回も良いドタバタ値引きショーでしたー
ソフトバンクの新サービスに関する発表会