この記事の読了時間 : 222

HuaweiがSIMフリー市場を独占

ファーウェイのP10シリーズがAmazonランキングを独占

SIMフリー市場でHuaweiが1位〜5位を独占

とうとう発売されたHuaweiのP10シリーズ、やはりトップを独占しております。売れる理由はシンプルにハイスペックなのにこのお値段であるという事、単純に考えてもこの「コスパの良いスペックのおばけ」を3万円台から購入可能となればAmazonランキングを独占するのは納得ができます。

私もP9シリーズを使っておりましたが、当初も3万円台でiPhone6相当のスペックであり、今回の10シリーズに関しては6s相当とも呼べるものが3万円以下で手に入る事ができます。

私の推測では人気が出た理由は主婦層にあると考えております。ご家庭でお子様やご主人全てにiPhoneを使わせる訳にはいかないのが「お財布の事情」だからといって奥様だけがしょぼいスマホを使わせるなんて考えられません。

上位機種でがライカレンズも採用されていることで綺麗な写真が撮れることから、InstagramやLINE投稿でもiPhoneに引けを取らない画質です。安価で速度もサクサクで写真もキレイに撮れるのであればという理由から、日本では無名な「ファーウェイ」が徐々に注目されて来ました。

そこで昨年の格安SIMブームの追い風に乗り、口コミや格安SIM会社で採用されたことで一気に飛躍したファーウェイ、洗礼されたデザインも良いことでもしかするとAppleを追従できるのは、今後はこの会社だけかもしれません。

ファーウェイP9Lite

背面に指紋センサー
時期iPhoneもこの方式を採用する可能あります


以前であれば「中国のスマホ?国産が一番でしょ!?」みたいな会話が飛び交っていたのかもしれません。それが現在では「国産のSIMフリースマホの名前を何個言えますか?」と言ってしまう程、影に隠れてしまっております。良いものは良いということを証明したファーウェイ製のSIMフリースマホ、今回で格安スマホ市場から脱却してハイスペックモデルが1位を獲ってしまった事で、世間の見方が変わるのは間違いなさそうです。

今年の秋に出るiPhoneまで機種が老朽化して待てない方、そろそろ新しいスマホを安く購入されたい方、そんな方は迷わずファーウェイ製のP10シリーズを選択して頂ければ後悔はしませんよ!!