この記事の読了時間 : 146

iPhoneバッテリー膨張

古くなったiPhoneのバッテリーが突然膨張

全く使っていないiPhoneのバッテリーは危険

先日、自宅のiPhoneのバッテリーが膨らんでいるのを確認。その膨らみ方は尋常ではなく、バックパネルを突き破り金属が焼ける匂いまでしておりました。

全く使用していないiPhoneでしたので、普通に日の当たらない所で放置しておりましたがまさかのバッテリーの膨張。今回はこの原因の考察と対処方法をご説明できればと思います。

バッテリーが膨張した場合はどうする?

膨張したのはiPhoneは4Sのバッテリーでした、もう購入して5年前が経過します。バッテリーの寿命は3年と言われており、ここから更に2年が経過した事になりなります。もしかするとこのまま気が付かなければ発火に繋がる事故になり兼ねない膨らみ方をしておりましたが、気がついた事により大事に至らなかった事が幸いです。

このような事態になった時、iPhoneでは星型のドライバーとプラスドライバーの2本が無ければバッテリーを取り出すことが出来ず、たまたま持ち合わせていたことでバッテリーを取り外しましたが、ある程度の経験が必要なため、もし同じような症状に合わた方がおられましたら、お近くのiPhone修理店にてご依頼下さい。

膨らんだバッテリーは燃えないのか?

次に原因、これは利用過程に問題があったと考えられます。iPhoneで過剰にゲームをされていた方はご注意下さい、私がその一人です。以前利用しているときには過度な充電、または充電を行いながらのゲームを繰り返しておりました。これらがバッテリーを消耗させるだけではなく、バッテリーに負担を与えていた事になります。

使わなくなったバッテリーは劣化をすると内部にガスが発生し膨らみます。また膨らんでも安全対策が施されており、折り曲げない限りは発火や爆発は起きません。つまり「かなり危険な状態ですよ」のサイン、と感じて頂ければと思います。

膨らんでしまったら、強い衝撃には十分に注意して頂き取り外しを依頼して下さいね。