この記事の読了時間 : 245

格安スマホ

郊外でも格安スマホを即日開通が出来るお店は?

都心ではなく郊外で即日開通ができる事が重要

最近ではすっかり定着した格安スマホ。以前ではインターネットでの申込みのみで受付しており、MNPで機種変更を希望する場合では開通してからの郵送でした。

つまり離島の場合では最短で2〜3日は電話が使えない事態となっておりましたが、ここ最近ではアンテナショップや代理店も増えてきました。今回はお客様からご相談がありまして、最寄りで即日開通が行える店舗をお調べしてみました。お住いによっては存在しない店舗もあるかと思いますがご参考になれば幸いです。

郊外でも即日開通に対応している会社

今回お調べした格安スマホを即日開通が可能な会社は、全国で最寄りで契約しやすく評判の良い会社の3社に絞っております。大手でも展開している格安SIMですが、「手軽さ」や「気軽さ」が無いために候補から外しました。

UQ mobile(UQ モバイル)
現在最も勢いに乗っている会社です。このブログを書いている段階で2,421店舗で契約ができます。即日開通可能な店舗はケーズデンキ、ヤマダ電機、イオン、ゲオモバイルなどで可能です。郊外でもいずれかの店舗は存在する名前ばかりですので店員さんの対応で決めても良いかもしれません。

IIJみおふぉん
老舗のインターネットサービス・プロバイダが提供する格安SIM、バックボーンがあるため回線速度も安定しており私も愛用している会社です。取り扱い店舗はイオンのみとなりますが即日開通の先駆けとして有名になりました。

ワイモバイル
SoftBank系列という事もあり、SoftBank回線であればこちらがおススメです。主に家電量販店やワイモバイルショップで契約が可能ですので、直営店であれば普通の携帯ショップと全く変わらない受付と申込みが可能です。

ネームブランドだけでは魅力は半減

大手のインターネットサービスプロバイダのシェアからどんどん新しいサービスを提供する会社のシェアに移りに変わろうとしていますが、ビッグローブやOCNなどでもう既にSIMを契約している方にとっては変更する必要はないと思われます。

2016年の格安SIM元年からわずか1年で生活の一部に定着した格安スマホ、気がつけば「近所のお店で契約できる!」という理由からより拍車をかけるきっかけとなりましたので、これから契約される方へのアドバイスとして書かせて頂きました。

既にdocomo端末をお持ちであればSIMの契約のみで1,500円以下の月額料金だけで使えてしまうのが魅力。その理由からも「iPhone5と5cの修理が急増中、その理由は?」にも書かれている通り、セカンドスマホの存在が皆さんにとって必要なものと考えています。

もし格安スマホで契約をする会社で悩んでいるのであれば上記の3社で考えてみて下さい。その中からお友達や知人の口コミなどで判断してから契約するのが最も賢い方法です。

ネットで申し込みをして端末の到着を待つ」時代から「最寄りのショップで即日開通」の時代に。完全なサービスが受けられないとしても購入者にとって少しでも故障した時に寄り添える意味でも、契約は最寄りで行いましょう。