この記事の読了時間 : 327

Androidタブレット端末のmicroUSBの修理を検討中

ここ最近では「Androidタブレット端末のmicroUSBが壊れたのか充電が行えない」とのお問い合わせが増えております。当店ではiPhone用の交換パーツのみ仕入れを行っているので修理は行えず全てお断りをしておりました。

「交換部品お持込」であれば現状でも修理は承っている状況

お客様曰く「何処にお願いしれば良いか分からない」との事で、確かにAndroidタブレット端末についてはメーカー修理とはなりますが本体基盤交換クラスの価格帯になってしまう事もあり、メーカー修理には消極的になりがちだそうです。

これには理由がありまして実はメーカーも個々の部品を取り置いては居ない様子で、一枚板となるAndroidタブレット端末については「部品交換=ハンダ取り付け作業」となり、間違いなく修理ではなく交換となる事。この点につきましては「もしインターネットで部品があり、お持込頂ければ修理は行います」とお伝えしております。

このままで良いのかな?・・・

正直申し上げると、日々のiPhoneの修理だけでも時間がカツカツの状況です。ですがこのままで良いのか?と考えれば喉に物が詰まっている気分となっており、これはなんとかしてあげたい気持ちはあります。

これらの問題を解消するには部品を仕入れておけば問題は無いのですが、microUSB端子は機種によって異なりまして「33種類」もあるのです。それを知っていて仕入れていなかったと言うのもあります。

汎用性のあるmicroUSBコネクタを厳選して仕入れ

これらを解決するには厳選してmicroUSBコネクタを仕入れを考えており、もし型に合わない場合は取り寄せか修理不可となります。ですがこれしか方法がないのですよね、過剰な在庫を防ぐ為にもこれらの方法で暫くは様子を見たいと思います。

因みに修理金額につきましては最低価格として「診断料として2000円」、「交換修理費用として4000円」を考えております。これも市場の修理店が無いことかた価格を調整を行いたいと思っております。もし近郊でこれよりもお安い価格で修理を行っている場合につきましてはお伝えいただけましたら価格を調整したいと思いますのでご安心下さい。

データが消えることは無いのか?

iPhoneでもAndroidでも基本はチップの交換であればデータを消える事はなく、もし消えることがあるとすれば水没などによって記憶しているチップ(iPhoneであればNAND)が劣化して電源投入時に消えてしまう事位でしょうか。実際には2000件以上修理を行っておりますが修理により消えたことがありませんのでその辺につきましては「慎重に作業を致しますのでご安心下さい」としかお伝え出来ないのが現状です。

また修理により細かい傷が付く事もございます。これは専用の工具を使っていても接続している「ツメ」の箇所が展開図でもあれば最小限に抑えることができますが、Androidタブレット端末については殆どがネットでの情報でしか入手ができませんで、神経質な方は修理はご遠慮頂ければと思われます。

修理は対面ではなくお預かりになりそうです

iPhoneの修理につきましては対面修理を行っておりますが、溶接を行う作業が伴う場合につきましてはお預かりとさせて頂いております。これらはハンダのヤニと呼ばれるモノが有害である可能性があり、これらを「お客様の目の前では行えない」というのが理由と、「とにかく時間がかかる事がある」可能性があるという事でしょうか。

機器や修理内容によっては30分〜3時間を要する可能性がありますので、お時間に余裕をもって頂ければ幸いです。つまり「今すぐ修理をしてほしい」というご依頼は出来かねます、予めご了承下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。今後につきましては「AndroidのmicroUSB修理」につきましてはこのような体制で取扱を開始する予定ですので、お困りの方はまず一度お問い合わせいただければ幸いです。