この記事の読了時間 : 348

2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会

docomoの新サービス・新商品発表会のまとめ

CM出演メンバーは変わらずこの4人

堤 真一、綾野 剛、高畑 充希、ブルゾンちえみが会場でお披露目、携帯電話の新商品の目玉として楽しみにしていた方にとってはメンバーの変更が無いことで少しガッカリした人も居るのでは?

安室奈美恵とのコラボ企画

今回の目玉はなんと安室奈美恵とのコラボ。タワーレコードでベストアルバム「Finally」を購入の方に先着で、オリジナルdポイントカードをプレゼントとの事。激レア商品になる事は間違いなさそうです。

2017年冬モデルは13種類

Xperia XZ Premiumの新色(レッド)が12月に発売、「ジョジョの奇妙な冒険」の誕生30周年記念スペシャルモデル「JOJO L-02K」が2018年1月に発売と、相変わらずAndroid推しが強いdocomoはこの冬でAndroid端末13機種を発売する。また10月26日には色々な意味で有名になったGalaxyNote8を発売する、これは間違いなく売れるだろう。

[dポイントクラブ]と[ずっとドコモ割]の提供を開始しサービスの強化を図る

dポイントをよりドコモユーザーに恩恵を与える「dポイントクラブ」と4年以上ドコモを契約している方向けの「ずっとドコモ割」の提供を開始する。また、ドコモユーザー以外で人気を博している定額動画配信サービスのdtvが進化した「dTVチャンネル」、光回線があれば地上波やBSやCSが見られるひかりTVにdtvサービスを付けた「ひかりTV for docomo」の提供を開始する模様。コンテンツを充実される事で「ドコモに加入すればお得」感を出す狙いっぽいです。

今回のまとめ

今回の発表会では「新規顧客の開拓よりも既存の顧客の維持」と「コンテンツによる非ユーザーの取り込み」に注力している感じですね。個人的には「ずっとドコモ割」の優遇がもう少し欲しい所で、これに魅力を感じる方はどれだけ居るのでしょうか?既存の方にとっては気がつけば値引き額が上がっていたと喜ぶ方もいるかもしれませんが、格安SIMの勢いはこれでは止められない気がします。またdポイントに関しても恩恵は今のところ外出先で使えるのは郊外ではローソンくらいであり、4年間利用している顧客がこれを素直に喜べるのでしょうか。

またAndroidが安定して増えている意図として、ドコモは市場のiPhone利用率の低下を見越しての行動かもしれません。2013年からiPhone(iOS)の利用率はAndroidが逆転しており、国内でのiPhoneブランドは少しずつ停滞するのは目に見えて来ました。この先Android端末の王者になるメーカーはASUSかファーウエイかサムスンか、とても気になる所ですね。