この記事の読了時間 : 257

iPhoneが発売して10年

iPhoneが発売して10年

世界では10年、日本では9年

今から10年前、iPhoneが発売されました。SNSはiPhoneよりも先にまだ「キーボードが付いていたスマートフォン」が主流だった頃から流行しておりましたが、iPhoneなくしてはここまで世界には広められなかったでしょうね。

今回は当初の事を思い出してみようと思います。実は10年前には日本では3Gが対応が遅れていることで発売は2008年の7月でした。ですので日本ではまだ9年目なんですよね。因みに2007年の9月下旬にはiPod touchが発売されました。つまり電話機能を省いたiPhoneですね。まずはこれを使い倒そうと躍起になったのを覚えております。

iPod touchで待たされた日々

想像するんです、iPod touchを使ってiPhoneのように電話機能はどうなるのかとか、外出先でもポケットから出してガラケー専用サイトではなくそのままのホームページが閲覧できる事など、まだPocketWiFiなんてなかった時代ですから持ち運ぶのには3G回線端末とパソコンが主流でした。

つまり世界で発表されてから1年間はiPod touchで妄想しているだけ、国内ではキャリアのメールが使えるのか?などの議論がありましたが、皆さんがiPod touchに飽きた頃に登場した感じでした。ですので目新しさはあっても感動は薄かった記憶があります。

iPod touch

先行で販売されたiPod touch、予約当日はネットのみで即打ち切れられる程の人気でした


iPhoneを初めて手にした時

当初はドコモ回線のガラケーを所有していたことで、SoftBankがiPhoneを独占販売権を持っていた事でガラケーとの2台持ちが主流。つまりiPhoneは物好きでしか契約していなかったんです。理由は簡単、珍しい端末だけどコケそうな気がしました。

1年間待たされていた事もあって、国内のiPhone用のアプリはそこそこ充実しておりましたがまだまだ発展途上の様子、電車の乗り換えや郵便番号検索のアプリは入れていましたが持っていて便利と言えば便利でしたが、この時はまだガラケーの方が便利だった気がします。

日本では女性に人気になってからが始まり

人気を博したのは2010年のiPhone4の白モデルが遅れて発売された時期。ようやく女性にもiPhoneが興味をもたれた気がしました。因みにその翌年(2012年)から当店はiPhoneの修理を始めています。

当初では修理される方は女性が7割も占めており、個人的には男性は割りとiPhoneに移行される事に抵抗があるのかな?という事を思っていた時期があります。今では信じられない事かもしれませんが事実ご依頼が多かったのは間違いなく女性のお客様が多かったのを覚えております。今でこそ1万円を切る修理メニューが多数ありますが、当初は仕入れを行うだけでも一苦労、全てが手探りの状態でしたが、その甲斐があって独自に調達網ができたと思っております。

個人的には後は何年iPhoneブランドが続くか気になる所ですが、きっと期待以上にワクワクさせてくれる端末を発表してくれることでしょう。その時はまた予約日にパソコンの前で張り付きたいと思います。

10歳の誕生日おめでとう!iPhone!