この記事の読了時間 : 244

iPhoneのパネル浮きの原因と修理方法

パネル浮きが急増中

最近、iPhoneのパネルが浮いている事で修復のご依頼が多いです。

iPhone5sで画面浮きによりデジタイザーケーブルが断線した様子

iPhone5sで画面浮きによりデジタイザーケーブルが断線した様子



そもそもパネル浮きとは

液晶ガラスとプラスチック形状のフレームが剥離されてしまう事でして

・湿気(常にポケットなどに入れている)

・バッテリー劣化による膨らみ

・落下によるダメージ

が主な原因です

特に厄介なのは剥離されてしまう事で

タッチパネルと液晶画面の配線となる

デジタイザーケーブルが断線してしまうことです

もし画面がチラついたりタッチが出来ない場合は諦めて下さい

パネル交換が必要ですので修理店に依頼をするか

LCDパネルを購入して交換して下さい

パネル浮きのみ場合はまだ応急処置が可能ですので

接着剤ではなく両面テープを使って下さい



方法は地味ですが両面テープをフレーム側に形取り

切り取るだけで結構です

(ガラス面でも良いのですがフレームの方が剥がれにくいです)

フレームに両面テープをつけます、細かい所は一度剥がしてカッターで切るとキレイに貼れます

フレームに両面テープをつけます、細かい所は一度剥がしてカッターで切るとキレイに貼れます



貼り終わりましたら後は元に戻すだけです

接着後はフレームが割れないように爪を立てずに指先で固定して下さい

接着後はフレームが割れないように爪を立てずに指先で固定して下さい



それでも剥がれやすい場合は棒ヤスリなどで

ガラス面とフレーム面を棒ヤスリなどで接着剤を削って頂ければ良いと思います

いざという時に道具はホームセンターで揃いますので試してみては如何でしょうか

応急処置に近い方法ですが意外に効果はあります

それでも剥がれて断線!になる前にバックアップはしっかりと取っておきましょうね♪

iPhoneの不具合や修理方法のまとめはこちら♪