iPhoneのホームボタンが”効きにくい”または”効かない”理由はこれが原因?

この記事の読了時間 : 30
iPhoneボタンが効かないTouchID使えない

iPhoneのホームボタンが”効きにくい”または”効かない”理由はこれが原因?

最近ではiPohne修理も個人で行う方も増えており、少しずつですが世間に業者向けの裏技も流れている状況。今回はその中でもiPhoneの「ホームボタンが効きにくい」、「TouchIDが認識しない」問題がお問い合せで多く、これには開梱しないと分からない内容ですがこのようなケースもあるのですよー、という内容をお伝えしたいと思います。

iPhoneの液晶パネルの内部を見てみる

まずホームボタンが「効きにくい」「反応しない」「TouchIDがだけが使えない」理由を考える前に開梱してご覧になって頂く事をオススメします。もし開梱がご不安であればお近くのiPhone修理屋さんにお願いしてみましょう。

工具をお持ちで無い方はiPhoneを所持している以上はお手元にあっても良いかと思いますので、Amazonなどのネットショップで購入しておくと良いでしょう。

最近は工具も安くなりましたねー

そして気になる開梱した状態はこのような感じであれば、これが原因かもしれません。

iPhoneボタンが効かないTouchID使えない

この様子は水が侵食してカビのようなモノがケーブル内部に付着しております。この程度であれば無水エタノール等で除去を行い、接点復活剤を綿棒等に吹きかけて叩きこむように塗り込み5分程放置します。

実はこれだけで改善される場合があり、部品の交換が不要な時もありますが、このような処置を行っても「ボタンが反応しない」などの症状が改善されない場合はケーブルの断線が考えられます。

この場合はキャリアの長いiPhone修理屋さんにお願いして問題点を洗い出して頂いてお見積を取るのが最良かと思います。また注意点が一つ、TouchIDは初期設定時にiPohneのロジックボードと紐付け(連携)されておりますので、交換修理を行ってボタンが押せるようになっても、TouchIDはエラーとなり指紋認証を行うことが不可能となります。この辺りを事前に知っておくことで実際に修理のご依頼で驚かなくて済むことですので、事前に情報だけは控えておくことをオススメします。

ケーブルの断線だけは交換、その場合はTouchIDが使えなくなる・・・メモメモ
iPhoneボタンが効かないTouchID使えない