この記事の読了時間 : 226


iPhoneの写真のバックアップ方法(2017年版)

写真のバックアップしていますか?

iPhoneが壊れて起動しなくなった場合に一番困ること

それは写真です


最近では自撮りアプリなどが流行したり

スクリーンショットとして画面を写真で残していることで

iPhoneの中に6000枚程溜まっている方いませんか?

AppleではiCloudという便利な機能もありますが

だからと言ってiCloudの有料プランに切り替えるのはちょっと・・・

と思っている方に完全無料でオススメな方法があります

それは

GooglePhoto

というアプリが一番いいかもしれません

無料であり

容量無制限であり

iPhoneやAndroidでも依存しないことでこれを選びました

GooglePhotoを入手する

まずはAppStoreからアプリを入手します

検索で「ぐーぐるふぉと」と入手すれば該当します


アプリの入手が終わりましたらメモ紙とペンをご用意下さい

利用を開始する前に必ずメモをとって頂きたいのです

万が一iPhoneが起動しなくなった場合

そのメモ紙だけが頼りになりますので(経験談)

GooglePhotoを起動しアカウントの設定を行う

まずはアプリを起動、許可を聞かれるので「OK」


これを許可しないと写真がアプリで参照が行えず

バックアップが行えなくなるので必ずOKを選んで下さいね

次にGoogleアカウントをお持ちのかたはメールアドレスを入力

お持ちの方はこれでほとんど終わりです(笑)


Googleアカウントをお持ちではないかたは

その他設定からアカウント作成をクリック


氏名を入力します


生年月日を入力します


新規での希望するメールアドレスのアカウント名を入力


パスワードを入力(確認として2回入力)


電話番号の確認があるがスキップ


プライバシーポリシーは同意


Googleの登録が完了しました


GooglePhotoでバックアップを行う

バックアップはモバイル回線は使わないように設定します


画質は高画質を選択します(容量無制限で無料なのでオススメ)


設定が全て終わると自動的にバックアップが開始されます


写真が数千枚ある方は

かなりのお時間を要しますので

iPhoneをスリープせずに放置していて下さい

アップロード後はお好きな環境で閲覧できるので便利でした


初回はかなりの写真をアップロードを行いますので

WiFi環境でのご利用をお勧めします

アップロード後はパソコンからでも写真が閲覧ができますので、デジカメのようにわざわざSDカードを抜いてパソコンにコピーを行わなくても欲しい写真のみダウンロードが行えますので用途は色々と増えそうですね