この記事の読了時間 : 345

iphone

iPhoneのiOS10.3はアップデートに失敗すると文鎮化しそうです

iOS10.3でAppleFileSystemというフォーマットに変更

CBSで公開された情報では

CDSから抜粋
iOS10.3ではマイナーアップデートのように聞こえるが、実際にはかなり大きな変更が含まれている。Appleはこのアップデートを使用して、30年前のHFS+ファイル形式から新しいAppleFileSystemにiPhoneおよびiPadが使用するファイルシステムを変更しています。

との事で、iPhoneは次期iOS10.3でAppleFileSystemというフォーマット形式に変更するとのことです。これにより暗号化とソリッドストレージの強化の強化が得られるらしいのですが、これがどの様な影響や被害が考えられるでしょうか。

失敗したら文鎮化?

暗号化や速度の強化についてはありがたい事ですが、過去にもiOSのアップデート中にiPhoneの電源が落ちたり、なんらかの原因でエラーになりiPhoneが正常に起動しないトラブルが多々発生していますが、今回のアップデートではフォーマット形式が変わるタイミングでiPhoneが落ちると起動できなくなる深刻なリスクが発生する可能性が予想されます。

また起動出来なくなった場合でも従来であれば、iOSを再度外部の端末(Macなど)で転送すれば復活する可能性がありましたが、今回はフォーマット形式が破損されている可能性がありますのでデータの復活がほぼ不可能と考えられられます

こうなりますとiPhoneがまったく使えなくなるという意味で「文鎮化(レンガ化)」と言われています。

なにはともあれiCloud

普段は機種変更の時にしか考えられないバックアップですが、今回のアップデート直前にバックアップをすることを強くオススメします。パソコンをお持ちであればiTunesを使って「暗号化バックアップ」を行えばほぼ全てのデータはバックアップが取れます。

ですがWindowsVistaなどの古いOSをお使いの方は最新のiTunesが利用出来ない可能性がありますので、今回はパソコンを必要としない「iCloudを利用したバックアップと準備すべき項目」を記します。

必要な準備
★ iCloudはONになっているか?
★「iPhoneを探す」はOFFにしているか?
★iCloudの契約の容量は50GB以上か?
★AppleIDとパスワードは手書きで控えたか?
★各アプリの引き継ぎコードは手書きで控えたか?
★キャリアメールのアドレスとパスワード等を控えたか?
★LINEのIDとパスワードは控えたか?
★LINEの「トーク履歴」のバックアップは行ったか?
★LINEの「アカウント引き継ぎ設定」をONにしているか?
★トークン系のアプリはWebページで一時無効にしたか?

他にもメモ帳などで大事な内容がある場合はご自身のメールに送るなどの対応をしておくと良いかもしれません。またiCloudは標準は5GBですので50GBのストレージプラン契約は毎月130円かかりますが写真が大量にある方はアップグレードをすることを強くお勧めします。iCloud ストレージのアップグレード手順はAppleが説明してくれています

私はこう思います

まとめてみますと如何にiPhoneに依存されているか分かりました。以前に就寝前iOSのアップデートを実行した所、起床して確認するとiPhoneがリンゴループが発生していたことがあり、本当に焦ったことから以降は大事なことは紙でメモをするようになりました。

今回はフォーマット形式が変わるという過去にも比べられない程の大規模なアップデートです。この情報を知っているのと知らないのとでは心構えも違いますので、「最新のiOSでiPhone6系のシャットダウン問題が大幅に改善」などの情報も参考に10.3が公表される前に10.2にアップデートを推奨したいと思います。

iPhoneの不具合や修理方法のまとめはこちら♪