この記事の読了時間 : 21

iPhoneを落として画面が真っ暗で映らなくなる原因

iPhoneを落として画面が真っ暗で映らなくなる原因

iPhone内部のデータはほぼ無事です

iPhoneをうっかり落としてしまい、ガラス割れやヒビはないものの画面にまったく映らないという症状のご連絡を頂きます。ここで修理の見込みがあるiPhoneの特徴としては着信音は鳴っているか?を確認してみましょう。

ほとんどの場合iPhoneの中身のデータはほぼ無事です、カンタンには壊れません。そこで確認としてお友達か知人にLINEでメッセージや電話をかけてもらって下さい。着信音などが鳴れば基盤は生きていますので、安心して頂ければと思います。

デジタイザーケーブルの断線

落下したiPhoneが画面の上から落ちてしまった場合、そこには画面を映し出すデジタイザーケーブルなどが集まっている箇所があり、アーチを描くように配線されていることで、強い衝撃があった場合に極まれですが、断線してしまうことがあります。

iPhoneデジタイザ

デジタイザーケーブルは巻き込み収納されている


開梱して内部を見ても一見断線していないように見えますが、デジタイザーケーブルはほぼ断線しております。この場合での修理方法は画面が割れていなくても液晶パネルの交換となります。

液晶パネルの交換は民間の修理店ではデータを消さずに交換して頂けますので、最寄りの修理店で機種(iPhone6など)をお伝え下さい、機種によって液晶パネルの価格が異なるため予めお伝えしておくと良いと思います。

不用意に操作しないこと

注意点として、一部のお客様で液晶パネルを交換後に、パスコードロックが一定回数を誤って入力した時に「このiPhoneは利用できません」という表示されているようです。これは非常に珍しい事ではありますが、交換前にタッチセンサーもしくはが何らかの部位の誤操作によりパスコードを入力を行った可能性があります。

もし画面が薄暗くなった状態で操作が出来る場合でも、パスコードロックは可能であれば指紋認証による解除をオススメします。またそれ以外のタッチなどの操作は出来るだけ避けて頂き、お近くの修理店に早めに修理をして下さい。

iPhoneの不具合や修理方法のまとめはこちら♪