この記事の読了時間 : 218

iPohneカメラ

iPhoneの背面カメラに何も映らない場合の対処方法

カメラが映らない、バックライトも付かない状況はどうすべきか

iPhoneで最も使う機能としてはカメラ機能、そのリアカメラ(バックカメラとも言うらしい)で画面が真っ暗というお問い合わせが相次いております。

その原因となる要素は大きく2つあり、以前Appleに問い合わせを行った際のアドバイスから、修理を行っている当店の感想を含めてご説明をしたいと思います。

まずは本体の初期化をしましょう

iPhoneを落下など衝撃を与えた記憶がない場合には本体の初期化を行って下さい。当然ですが初期化後は全てのデータが消えるのでiCloudなどでバックアップを行うことをオススメします。

では何故初期化なのか?と言いますと、これはiOSの不具合とも言われており最新のiOSにアップデートで回復した方もいれば、初期化で回復した方もおります。特定した原因はAppleからお聞き出来ませんでしたが「これで改善されるケースが多い」との事です。

またバックライトが付かない問題においても同様で、カメラモジュールと同一の配線であることから認識または反応が出来ない事もあるそうです。また初期化後に、それでもカメラの画面が真っ暗という場合は次の方法しかありません。

カメラの交換は最終手段です

落下の場合や強い衝撃を与えてしまい認識しない場合は稀にカメラモジュールが破損されている事もあります。その際はiPhoneの開梱を行い交換修理を行う必要があります。実際に開梱したiPhoneの画像を御覧ください。

iPhoneカメラ内部

まずカメラの箇所は右上の四角の金属っぽいのがそれです。取り外す前に必ずコネクタが外れていないか再度接続の確認を行って、それでもダメな場合のみ交換を行います

交換を行い画面が表示されれば「カメラモジュール破損が原因」で解決となりますが、カメラの交換を行っても認識しない場合は本体基盤が原因でありこの場合はiPhone本体の交換を行うしかありません。

これらの判断はまず交換を行って確認を行わないと判別できない事であり、基盤の交換以前に購入して1年以内のiPhoneについては初期不良とも考えられますので、開梱を行わずにAppleストアに修理ではなく交換をお願いした方が良いと考えます。

数千のiPhone修理を行ってきましたがカメラ単体が壊れる事はほとんどありません。ほとんどが初期不良と判断しても良い程頑丈でありシンプルな固体です。もしお困りの際は上記の手順で確認後に民間の修理店にお尋ね下さい、お値段次第ではAppleで交換していただいた方が賢明という事もありますのでご検討してみて下さい。