この記事の読了時間 : 20

iphone5c

iPhoneの画面を交換してもタッチ出来ない場合はチップ交換

iPhoneでタッチが出来ない場合は基盤が原因?

先日、iPhone5cでタッチが出来ないとの事で他店で「これはアップルストアに出さないと無理ですね」という流れで返却となり、当店にご相談を頂きました。

簡易診断でも他店同様、交換を行ってもタッチが出来ない状況。これは他店ではお断りする内容です、基盤レベルの修理となりそうです。

iPhone5cタッチコネクタ
まずはタッチセンサーコネクタの修復を行いましたが回復されず。こうなった場合交換する箇所はタッチセンサーチップの交換となります。

タッチセンサーチップの交換は難易度が高い

iPhoneでタッチが出来ない場合、液晶パネルを交換することが一般的です。ですが今回のような「iPhoneのパネルを交換してもタッチが出来ない」場合はタッチセンサーチップの交換で修復が可能だと思います。

「可能だと思います」と書いたのはまだ当店には現在在庫が無く取寄中の為、修理がまだ行えませんので今回は修理の流れをイメージでお伝えします。

iPhone5cタッチセンサーチップ
まずはタッチセンサー制御チップ、これらは小指のツメより小さいので顕微鏡を使わないと辛いレベルとなります。他の部品では何度も修理を行っておりますがかなり繊細な作業となります。

このチップをヒートガンで熱してはく離を行います。因みに今回の修理全体所要時間は2時間位ですが最低数日はお預かりになると思って下さい、お時間を決めてしまうと焦りが生じて必ずしもいい結果にならないというのが理由です。

iPhone5cタッチセンサーチップはく離

チップはく離後に基盤の清掃を行い、新しいチップを溶接します。この清掃から溶接にかかる時間が修理全体の半分を占めますが一番手の抜けない作業となります。

その後、動作確認を行いタッチが出来るかの確認を行います。無事にタッチが行えても電源を切ったり、多少のストレステストを行い問題がなければ納品となります。

如何でしたでしょうか、と言いましてもザックリ過ぎますが修理の流れとしてはこのような施工で行っているんです。説明が上手くつかないものがありますので写真でご説明をさせていただきました。今後もし修理をご検討されるお客様がおられましたらご参考にしてください。

タッチセンサーチップの交換やってます! お問い合わせはこちら♪