この記事の読了時間 : 259

iPhone6と6Plusのタッチ病の発祥が増加中

iPhoneでタッチの感度が悪い場合の応急処置

新しいiPhoneが登場するまでに、お持ちのiPhoneをギリギリまで延命させたいお客様からの修理のご依頼が急増しています。今の時期ではiPhoneXにしたいけれど今のiPhoneでバッテリーの不調であったり、何故かダイソーの充電ケーブでしか充電が行えなかったり、画面のタッチの感度が悪かったりと、そんな理由でiPhoneの購入を早めざるを得ない事はあります。

忘れてはならないことは「iPhoneは電話機であること」でありライフラインであるという事を忘れないで頂きたい、と常にお客様にはご説明をしております。その為、無理に修理をおススメせずに電源が入ってバックアップが行える状態であれば機種変更を推奨しますので「欲しい機種があれば替え時」よりも「著しい劣化を感じれば今が替え時」となります。今回はそれでも延命をしなければならない方へ、少しだけハードルは高めとはなりますが延命としての応急処置をお伝え出来ればと思います。

タッチの感度が落ちた場合の下準備

まず古くなったiPhoneはタッチの感度が落ちやすくなります。これは経年劣化なのでどうしても電気の流れが悪くなると起こりやすくなる現象でして、
改善の方法は結論から申し上げるとiPhoneを開梱する必要がありますので保証対象外になっても良いのであればお試しください。

必要な工具は規定に合う星型ドライバーとプラスドライバー2本と接点復活剤があれば十分です。iPhoneの機種によっては一部断線の恐れがある箇所が存在しますので「iPhone修理方法」等で画像が動画をググってみて下さい。

デジタイザの接触箇所に接点復活剤を使う

開梱したらiPhoneのバッテリーコネクタを外してからデジタイザケーブルが接続されているコネクタを外し、そこに接点復活剤を塗り込みます。スプレータイプの場合は一度綿棒などに吹きかけたもので軽く叩くように塗ると良いでしょう。塗り込んだら1分程放置してから元に戻す事をオススメします。

iPhoneのコネクタ箇所

おススメの確認方法は液晶パネルを収めずに半浮きの状態で(iPhone5系はこの状態ではボタンが効かない)タッチが正常に行えているのを確認してから液晶パネルを収める事をおススメします。

最後に

これらの作業についてはある程度の度胸と経験が必要ですのであくまでも自己責任で行ってください。なんとなくネジを外してという流れでは高確率で一部が断線したり基盤を傷める事になり、最悪の場合は画面に何も映らなくなります。またこれらの効果につきましても一度行えば持続される事ですので効果がないと感じれば何度も行わずに諦める事も大事です。

因みに「どれ位の数で試したか?」と聞かれれば100台以上のiPhoneで検証を行っており、その効果が得られたことでご紹介をしましたが、一部ではICチップ自体が損傷してタッチが行えない機種については全く効果はありませんでした。ですので、あくまでも今回は参考になれば、と思いお伝えしましたので「おまじない程度」としてお試し頂ければ幸いです。