この記事の読了時間 : 453

iPhone4選

iPhone Xを入手する前に必ず揃えておきたいアイテム4選

iPhone Xの予約が開始され到着まで待ちわびている方にとって、行うべきことは周辺アクセサリを揃える事ですよね。iPhone Xでは有機ELを採用している事から画面やバンパーの保護は必須となります。今回は私が過去の修理を行った経験を元に選出して購入した4点をご紹介したいと思います。

定番の高硬度9H保護強化ガラス

iPhone Xではボタンが存在しない事から全てが画面での操作となります。つまり、画面の保護だけではなく操作性が重視となるのでサラサラと動きしっかりと保護される強化ガラスが必須となります。保護フィルムなどでは心配で持ち歩くことが出来ません。そこで今回購入した保護ガラスは「Nimaso iPhoneX用 強化ガラス液晶保護フィルム2枚セット」となります。

Nimaso iPhoneX 用 強化ガラス液晶保護フィルム

少々大げさだが、生活傷が軽減されるのはうれしい


Nimaso iPhoneX 用 強化ガラス液晶保護フィルム

強化ガラスは「身代わり」であり、強度も大事だが代わり割れてもらえなければ内部のガラスまでダメージを貫通してはならない事で高く評価できそう。


Nimaso iPhoneX 用 強化ガラス液晶保護フィルム

正直言うと汚れにくいというだけで劣化すると必ず汚れる、つまり2枚セットは本当に重宝する。

安価でも性能は群を抜くTPU素材ケース

iPhoneケースは星の数程存在するが、基本として「TPU素材」のケースをオススメしています。これは安価で落下時にショックを防ぐだけではなく、手に持ちやすい素材であるからという理由です。今回購入したケースは「【Spigen】iPhone Xケース(米軍MIL規格取得 Qi充電対応 落下衝撃吸収)クリスタル・クリア」となります。TPU素材は経年劣化しやすい事で1年に一度は新品に交換するという意味で安価なモデルを選びました。

【Spigen】iPhone Xケース

背面はPCが素材なのでリンゴマークをキレイに映す事が出来る意味で高評価


【Spigen】iPhone Xケース

もはや定番となったエアークッション。むしろ無い方が心配だ。


【Spigen】iPhone Xケース

何を意図してカスタマイズと言っているのか分からないが、基本はこのような事はしないほうが良い。


落下を防ぐ救世主だけではないホールドリング

ここまで強化保護ガラスとケースという定番を紹介しましたが、ここ最近では若い方には絶大の人気の「ホールドリング」。以前はバンカーリングという商品から火が点いてその名で浸透しておりましたが、バンカーリングは厚みがある事から薄いサイズが売れ始めています。利用方法は様々で起こしたリングを指にかけて落下防止に一役買っており、他の方法とてはリングをスタンド代わりとして利用も出来ることからお試しで購入しても後悔しない価格帯で安っぽくない作りを考えると「KYOKA スマホ リング ホールドリング 薄型(ブラック)」を選びました。

KYOKA スマホ リング ホールドリング

コインのような薄型で、リング内部は丸みを描いているので指が痛くならない所が評価できる


KYOKA スマホ リング ホールドリング

最も活用できる方法としてはこの持ち方、落下防止に貢献してくれる。


KYOKA スマホ リング ホールドリング

スタンドとして活用が出来るのだが角度が微妙なので動画と言うよりは待受を確認する程度には丁度よい。

車載に必須のホールドリングマグネット

最後にホールドリングと最強の組み合わせとなるものがあり、車載でカーナビ代わりに使う方にはとっておきの商品が「マグネット式車載スマホホルダー 粘着式 (ブラック)」となる。これは好みとなるが机にも吸着するので、勉強で辞書代わりに利用する事も出来るため、私にとっては必須のアイテムです。

マグネット式車載スマホホルダー

見た目はかなりの高級感がある。ホールドリングと密着させる土台は比較的大きめ


マグネット式車載スマホホルダー

車に取り付ける事により、簡単に固定させる事が出来る、回転もスムーズ


マグネット式車載スマホホルダー

勉強や仕事の机に吸着される事によって簡単に固定が可能、だが両面テープは緩いので注意