この記事の読了時間 : 250

iPhonexコンセプト

iPhone8は全て有機ELになり民間修理が出来なくなるかも

iPhone8はボタンまでも有機EL(OLED)

iphonexコンセプト2

iPhone8のコンセプト画像がMacrumorsのサイトで公開されました。現行では「」ではなく名称が確定されておらず「X」となっていますがiPhone生誕10周年ですのでもしかすると「iPhoneX」になる可能性になるのかはまだ定かではありません。

ここでiPhone7と比較するとタッチパネルが全て有機EL(OLED)になっており、ホームボタンが撤廃される可能性が濃厚となっております。また内部に関してはSiriがARに対応するとのことで順路を青い導線で記してくれる機能が着くとのことです。カーナビアプリとして車内の設置箇所を定めればかなり利用できそうですね。

iPhoneX-ARSiri

感圧式のボタンはタッチパネルへ埋め込み

繰り返すようですが今回のホームボタンはタッチパネルに内蔵されるとの事ですので、Appleの意図や流れを推測したいと思います

防水対応?

iPhone7の感圧式のホームボタンは6sで比べると耐水効果として改善されておりますが、あくまでもボタンは別の部品となっており浸水すれば耐水効果として完全ではありません。そこでボタン全てを撤廃したことでAppleが完全防水仕様で挑む様子が伺えます。

画像を見ると通話のイヤースピーカー箇所も今まで以上に上部になっており防水対策をスピーカー箇所にも行うと考えられます。Appleの新商品発表会の映像でサーファーが波乗りをしながらiPhone8を所持している様子などが映れば「確定」と想像してしまいます。

修理対策?

ホームボタンにはICセンサーチップが内蔵されており、それを今後は有機EL内部にICセンサーを埋め込む可能性が高まってきました。現在ではiPhone5s〜7まではホームボタンに内蔵されており、ボタンを交換をするにはアクティベーション処理が必要で民間では交換をお受けしていない(出来ない)状況となっており、これを交換するにはAppleストアでの修理に預けるしかありません。

AppleStore画面修理

画像はAppleストアの修理の様子ですが、器具で固定をして特殊な溶剤に漬け込んで交換するそうです、漏電や汚れ対策でしょうか。またこの器具がMacと接続されているらしく、アクティベーション処理が行われないと機器が作動(交換)しないとの事で、ICセンサーチップの交換修理に関してはAppleストア一択であることは今後も変わりありません。

民間での画面修理はiPhone7で終わり?

これらの流れで考えると民間修理店で画面の交換を行うとエラーになり正常にiPhoneが起動できなくなりそうですね、そうなれば民間修理としてできる事は、バッテリー交換と各種センサーケーブルの交換しかできる事はありません。世界中で民間の修理屋がこの情報だけを気にしていることは間違いないでしょう。

私はこう思います

修理に関してはあまり悲観はしておりませんが、もし実装されれば今後はICセンサーチップを無効か強制的に突破する方法が巷で出回りそうですね。世間ではiPhoneを脱獄(実行権限を書き換えること、AndroidではRoot化)すればとは言いますがお客様のデータが最優先ですからね、特殊な機材が出てくれれば交換を考えようかと思います。