この記事の読了時間 : 31

iPhone8

iPhone8は9月12日に発表、15日から予約、22日に発売との事

そろそろこの時期、iPhone8の発売日がほぼ確定

8月の下旬となればiPhoneの修理のご依頼は比較的落ち着きます。それもそのはず、9月に控えるiPhone8の発表が控える時期です。この時期は既存のiPhoneを延命させる事を考えてお客様は修理にご来店されます。その為バッテリー交換等は8月がピークとなりますので50本〜70本はこの時期に交換している繁忙期。そして8月の最終週から緩やかにご依頼が減る流れとなり、次の仕入れの準備に入っているのが通年の流れとなります。

今年も間違いなく売れそう

皆さまが期待しているiPhone8は期待度が今回高いようです。ただ例年と違い「この機能が付いているから」という訳ではなく2世代前のiPhone6sや3世代前のiPhone6を所持されている方がバッテリーの寿命等の理由で買い換えるという「やむを得ない理由」というのが多いみたいですね。

毎年iPhoneを買い替えている方は少ないと思われますが、むしろ毎年買い替えても良いと思われるほど皆さまの使い込み具合は年々増しているように思えます。その理由として一つは写真を投稿するクセが付いた方が増えたと言うこと。これはInstagramが爆発的に増加している事で、スマホのカメラを100%存分に活用している事が買い換えるきっかけになっている方も少なくないと思います。俗にいう「インスタ映え」という言葉が独り歩きするかのようにカメラを重視された世の中になってますね。

これは男性や女性関係なくスマホに依存しやすい傾向にあるのがSNSとなりますが、男性特有のゲームと言う話題となれば最近リリースされたばかりの「リネージュ2レボリューション」が最高に盛り上がっている様子です。日本人はこれらのゲームをあまり好まない傾向があるのですが対戦に特化している事で話題を呼びそうです。

iPhoneが高いか安いかは利用価値による

また何度も書いていることですが、日本では特にiPhoneが売れている傾向であり、そのブランド力のみで流行させていると思われがちですが、iPhone離れも確実に起きているようです。

理由はたったひとつで「高い」からでしょう。今回のiPhone8では最低価格がシムフリーモデルで11万と予想されておりますが、私としては安いと思っていつも迷わず購入しています。この価値観の違いは「パソコン代わりに使っているかどうか」という価値観の違いだと思っています。それ程ゲームをしない方で「SNSしかほとんど利用しない人にとってはとても高い買い物」と感じるでしょう。ですが毎日お仕事のメールを確認したり商品の発注をお手元の端末だけで行えるとすればどうでしょう?変なノートパソコンをガマンしてでも新iPhone買うべきと感じます。

私はiPhone信者ではありません。またApple信者でもありません。本当に使える物を探すと自ずとiPhoneやMacになっていただけですので、デザインの良し悪しだけで選ぶのであれば他社製のを持ちたいときもあります。ですがライフラインとして最後にはiPhoneを選び翌年のこの時期までなに不自由無く使えているのであれば、それが名機の証だと思っています。

つまり今年もiPhone8は買いますよ、という事を長々と書いた訳です。皆さんも今年はiPhone買い替えますか?それとも他の機種にしますか?ご本人にとって相性の良い端末というのは必ずありますので慌てずゆっくりと検討しましょうね。