この記事の読了時間 : 134

iPhone壊れた

iPhoneの修理後に電源が落ちる不具合

iPhone修理後にも起こりうるまさかの電源落ちとは?

先日iPhoneSEの液晶パネル交換修理を行い、動作確認を行い全てが正常に動作を行っていることで納品。その数時間後にお客様からご連絡があり「画面がちらつき、電源が落ちる」との事で、すぐに再診断を行いました。

再診では交換を行った液晶パネルには問題はなく、チラつきに関しては特定のアプリでしかちらつかないという症状であり、またアプリ等の高負荷をかけるとiPhoneが再起動されるという現象。当店では一切基盤に触れていない事を対面修理でも確認して頂いていることでご納得頂いておりましたので、その他の問題を特定すべく詳細な診断を行いました。

原因は基盤の損傷だった

電源が落ちるようになったiPhoneを詳しく調べているうちに、気がついた点としてバッテリー辺りのコネクタが焦げており、もしかすると元々基盤に損傷があるのではないかと思い交換前の液晶パネルを確認した所、焼き焦げていた後がありました。推測ですがバッテリーを一度外したタイミングで基盤との接触不良が生じてしまったのではないか、とお伝えし機種変更という形でクローズ致しました。

これらの問題を記事にするという事は非常に珍しいケースである事と考えて頂き、今までこのような症状は起きたことがありませんでしたのでとても驚き、今度の修理前のご説明に入れる事を考えました。

液晶画面の割れは画面がタッチ出来ない、画面が映らないだけではなく内部の基盤にも影響を及ぼし劣化しかねない事になりかねません。こちらのお客様は修理を行うか長い間検討されていた事で、稀にでも起こり得ない症状となりました。

修理につきましては機種変更問わず、可能であれば早めのご判断をして頂くことをおススメしたいと思います。