iPhoneSE2は5月に発表が濃厚、Touch IDとA10なのがほぼ確定とのこと

この記事の読了時間 : 319
2月に記事にしました「iPhoneSE2」の情報が、最近ネットニュースでいよいよ「5月に発売」などと書かれた記事が増えてきましたね。今回は改めて以前予想した情報からとの比較を行い、信ぴょう性の高い情報をできるだけまとめてみたいと思います。

5月の発売となるiPhoneSE2の予想をしてみた

以前の情報となる2月に書きましたブログで「iPhoneSE2はこのようになる?」と予想しておりますが、一体なにが変わったのでしょうか。今回情報としてiPhone ManiaさんとYahoo!ニュースさんとITmediaさんの情報を参考にまとめてみたいと思います。

iPhoneSE2のスペック
・32ギガバイトと128ギガバイトモデルの2種類
・A10 Fusionプロセッサ
・ディスプレイは4.2インチ(OLED)
・フルスクリーンは使用しない古典的なスタイル
新世代の指紋センサーを搭載
・バックパネルは金属体
・ベゼルが多少削られる?
・6月のWWDCにて発表予定
・(NEW) RAMは2GB
・(NEW) Qi充電可能
・(NEW) ヘッドフォンジャックの撤廃
・(NEW) NFCチップを搭載

前回まとめた内容で可能性として低いものは取り消し線を引かせて頂きましたが、どうやらTouch IDが残る事は確定っぽいですね。つまり完全にiPhone7の廉価版のコスト&サイズダウンモデルとなります。

128GBモデルのシムフリーで5万円台だったら即買いかも!

iPhoneXと比較すると卵1個と1円玉?

ここで肝心な事なのですが「iPhoneSE2は売れるのか?」というのが気になりますね。私はiPhoneXを利用しているのですが利用されている方にとっては賛否があり、「重たい」「思ったよりデカイ」「faceID認証が外出時にマスクを付けている時使えない」などがあるように、重量とインチアップをしたiPhoneに不満をもつユーザーが改めてiPhoneSEのサイズを見直す時期なのかと予想します。

ちなみにiPhoneSEとiPhoneXの違いは
iPhoneSEでは、重さは113g/高さは123.8mm
iPhoneXでは、重さは174g/高さは143.6mm
重さで61g/高さで19.8mm」の差となる

重量の差、サイズの差は例えるならば60グラムでは卵1個分、19.8ミリは1円玉の直径が2cmですのでそれ相当の差があります。モノで例えればかなり違う事がわかりますね、これって日常的に使うとかなり負担が異なると思います。

今回のiPhoneSE2の発表を待ちわびているのは「往年のサイズの小さいiPhone好きの方」よりも「重たくて使いにくくなったiPhoneに不満をもっている方」かもしてません。実際に私が欲しいお思っているので同じ事を思われている方は必ず居るはず、きっと。

やっぱりiPhoneは軽くて使いやすい方がいいもんね!
iPhoneSE2