この記事の読了時間 : 259

みおふぉん_格安SIM

iPhoneXに慣れてきたので「みおふぉん」を追加契約しました

これで3台目、というよりは3枚目となるIIJmio(みおふぉん)の契約を行いました。今回はiPhoneXをメイン機になった事で、iPhone7を業務端末にすべく通話定額プランもオプションで契約しました。今までの私はiPhone7を業務端末としてカーナビ替わりにiPhone6sを使っていることで役割をiPhoneXへシフトしようかと思いましたが、格安SIMではデータSIM専用の場合はコース変更が行えない様子ですので、これで新規の3枚目となるSIMの契約となりました。

格安SIMの通話定額は1通話10分以内

今回契約したSIMは音声定額プランをオプションで付けましたが、そもそもが低価格の為通信プランを付けても月額2,600円前後です。私が選んだのは「830円の10分以内であればいくらかけても定額」のプランを選択しました。

格安SIM_格安スマホのIIJmio

また、200円安い「600円で3分以内の定額プラン」はあまりにも短い通話時間のため、選択肢には入れることは考えられませんでした。プライベートならばまだしも業務端末として利用するためのSIMですので。

格安SIMのお申込み時の内容

格安SIMの契約に慣れるとサクサクとどんどんと登録を進めてしまうものなのですが、始めて登録される方にとって戸惑うのは申し込みですよね。今回は私が登録した内容をご紹介したいと思います(事前にお伝えしたいと思いますが、難しい事内容は一切ありません)。

まずは回線にプランから選びます私の場合はSIMフリーのiPhoneですのでどちらでも良いのですが「タイプD」というdocomo回線を選択。次に通話を行うので「音声通話機能付きSIM」を選択し、オプションの「通話定額10分」を選びました。
IIJmioコース選択

次に新しい電話番号で構わない場合は「新規申し込み」を選択し、SIMの形状ではiPhoneでは定番の「nanoSIM」を選択し、通信プランは社内や自宅でWiFi環境があるので「ミニマムプラン(3GB)」を選択しました。
IIJmioコース選択2

これが通話定額プランの最安構成ですので、戸惑っている方は改めてプランをよく読んで頂き、参考にしてみて下さい。

追加SIMでも申込みの度に身分証が必要

ここで驚いたのが、SIMカードを申し込みする度に身分証が必要という事で、スマホやデジカメで撮影した身分証の写真データを添付して審査となります。因みに今回は10分程で審査が通り、SIM発送の手続きが始まりました。

個人的には最短で発送を希望されるのであれば日時指定をせずに発送後、ヤマト運輸で発送された時のお問い合わせ番号が発行された内容をヤマト運輸に伝えれば最短で日時指定が行えますのでおススメですよ(支店止めは出来ないかも)。

ヤマト運輸LINEで宅急便!

ヤマト運輸のLINEサービスに登録しておくと、到着予定も日時指定も変更が行えるので申し込んでおくといいかもしれません。

これで通話定額の格安SIMの契約が完了

申し込みの入力時間は10分程で完了し、審査も通った事から自宅でお手軽に通話定額プランのSIMを申し込む事が出来ました。初めての方は戸惑うことはあると思います、ご自身で時間のある時にゆっくりとプランを選んで申し込みが行えますので、イオンなどでも申し込みが行えますが比較的おススメです。

IIJmio(みおふぉん)