この記事の読了時間 : 339

iPhoneXホールドリングとQiワイヤレス機器

iPhone Xでホールドリングを着けるかQiワイヤレス充電を選ぶか

iPhone Xを持つものとして画面が大きくなり重量も増えたことで片手操作ではホールドリングが重宝します。ですが新しい機能も使いたい、その機能はQiワイヤレス充電。問題はホールドリングを装着してたままだとQi充電が行えないという究極の選択を迫られている方も少なくはないはずです。今回はそれぞれの魅力を知って頂きながら、選択するきっかけになれば幸いです。

ホールドリングの魅力

最近ではiPhoneでホールドリングを装着している若者を多く見かける様になりましたが、それは女性ばかり。理由として、装着している方の殆どは「手が小さいから片手で持つことが困難」との事で、ホールドリングを装着する事でグリップ力も上がり、iPhoneを持つ時の小指で支える負担を軽減します。


実際にiPhoneXに装着するとこのような感じになります。私の場合はリンゴマークから少し下の箇所に取り付けるとホールド感が安定しまし、備え付けの両面テープは1度剥がすと使えないので、市販の3Mの両面テープを円形状にカットして何度も試着させてこの箇所に落ち着きました。

iPhoneXホールドリング

またこのホールドリングは鉄で作られているため、別売のマグネット式車載スマホホルダー 360度回転 粘着式 (ブラック)を車に装着すれば、貼り付けるだけで固定ができますのでとても重宝しています。

マグネット式車載スマホホルダー

車に取り付ける事により、簡単にiPhoneを固定させる事が出来、回転もスムーズなのでカーナビとして使うのに重宝する


このように、ホールドリングは単体以外の使い方としても活躍している事から、無くてはならないという方も非常に多く、またリングを立てて斜めにして動画を鑑賞する事も出来ますのでiPhone購入時は必ずリングを追加購入をする程おススメです。

Qiワイヤレス充電の魅力

iPhone 8から実装されましたQiワイヤレス充電はLightningケーブルが不要で専用のクレードルに置くだけで充電が可能です。これは就寝前にポンと置くだけで充電が行えるのでかなり便利ですよね。
iPhoneXのQiワイヤレス機器

一度この充電に慣れてしまうと、職場と自宅の2個を用意してしまう程で、これがあればトイレに行くときもLightningケーブルを外す事無く、生活の行動に充電というシームレスな動きが可能となります。

結局どちらを選ぶか

結論としてはホールドリングに軍配が上がりました。
ここからはそれぞれの欠点をお伝えした上で判断したいと思います。

まずはホールドリングの短所としてはiPhoneを置くとホールドリングが突起となり安定しないこと、また不慮に踏んでしまうと完全にiPhoneが割れるという事でしょうか。次にQiワイヤレス充電ですが、iPhoneで充電を行いながらのゲームや動画の視聴が困難という事でしょうか。つまり「充電しながらの操作」は土台を眺めながら行うことになります。

これらの長所と短所を踏まえて私は「ホールドリング」を選びました。もしホールドリングが改良され、Qi充電に接触しても問題なく充電が行えるものが登場すれば迷うことなくそれを購入すると思います。

せっかくQiワイヤレス充電のクレードルを購入しましたが、当面は箱に入れて保管となりそうです。どなたか「Qi充電が可能なホールドリングの制作」をお願いします!