胆振東部地震の震災から1ヶ月、NOMORE自粛という運動が行われるまでに

この記事の読了時間 : 219
NOMORE自粛

1ヶ月が経過した胆振東部地震の苫小牧は

9月6日の胆振東部地震から1ヶ月が経過し、苫小牧でも完全に活気を取り戻したかのように思いますが、どうやら北海道全域で飲食業や店舗の売上が伸び悩んでいる様子で、「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」という運動が行われているそうです。

影響力のあるYouTuberまでもが被災地を支援するような、活動を行っています。これで低評価をつけている方達はこれを不謹慎として捉えているのかもしれませんが「やらない偽善よりやる偽善」という言葉があるように、もし何も活動もしていない方が低評価を付けているのでしたら、今回の震災についても、そもそもが無関心なのでしょうね。

今までに他の地域での震災は「これは大変そう・・・」と思うだけで募金程度で実際までの行動までは伴っておりませんでしたが、今回被災者になって、停電による電気不足や食糧不足になり、この様な機会は一生忘れない出来事だと身に沁みて感じております。

それは家族の尊さや地域や仲間との絆だったり、不謹慎と思われるかもしれませんが、こうなってしまったら地域の皆が被災者なので「俺だけ、私だけ」なんて通用しないので、無意識に協力し合うことが何より嬉しく、とても大事なのだと感じました。

また、「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」という文言は活気を取り戻して通常の生活に戻った方が飲食店などを素通りしてしまうのは致し方ないことだと思っており、なにせ余震が続いている中で備蓄すべき食料や非常時の品物を買い揃える事が優先と判断していることだと思いますので、そこまで「NOMORE自粛」活動など行わなくても次第に戻ってくると思います。

限りある時間と限りある行動の中で、万が一に備えて行動する手立てを今回の震災で被災者は学んだのではないかな、と思っています。ですので「NOMORE自粛」で張り紙をされている方も、まずはSNSでこの願いを拡散するのであれば、まずは身を持って消費しましょう。

北海道物産店などの催事会場で「支援」というお言葉を頂いている事も感謝ですー
NOMORE自粛