AB350M-HDV が Raven Ridge 標準対応マザーボードになっていた

この記事の読了時間 : 39
AB350M-HDV raven ridge対応

AB350M-HDV が Raven Ridge 標準対応マザーボードになり、これで格安構成でRyzen環境が組める!

Ryzen3 2200GというGPU付きのRyzenが販売されてから数ヶ月が経過しましたが、インテル構成と比較をするとどうしてもコスト的にもネックになりがちだったのがマザーボード。その理由は「Raven Ridge」に対応していないとRyzen 2200シリーズは起動すらしないという、なんとも悲しい結果を避けるため、対応マザーボードを高額で購入していた方も少なくはないはず。

Ryzen3 2200Gで格安構成が組める!

今回、ASROCK製の格安マザーボード「AB350M-HDV」が「Raven Ridge」に対応したBIOSを実装して販売をしているとの事で、Ryzen 2200シリーズでPCを格安構成で組もうと考えていた方にとってこれ程までにありがたいことはない情報です。

因みにこの記事を読んで「何をこんなに興奮しているのだろう?」と思われる方もいるかもしれません。そのような方は「今後はRyzen3 2200G 構成がビジネス使用でのBTOパソコンになるかも」という記事を読んで頂ければ嬉しいのですが、グラフィックボード抜きで格安なゲーミングPCの入門機が制作できます、という事です。

パーツ( ☆はいずれか )品名
CPU( 2400G )☆AMD Ryzen 5 2400G
CPU( 2200G )☆AMD Ryzen 3 2200G
マザーボードAB350M-HDV (B350 AM4 DDR4)
メモリF4-2400C15D-8GVR ( 4GB 2枚組)
電源Corsair CP-9020102-JP (550W)
SSD(M.2)Samsung 960EVO MZ-V6E250B/IT (M.2 250GB)
ヒートシンクHM-19A (M.2チップ用)
ケースENERMAX ECA3360B-BT( 黒 )
Ryzen3 2200G構成 セット価格( 2018.06.01時点 )
54,000円(税込)
やっ、やっ、やっ、安い!!

AB350M-HDV は最新のBIOSにした方が良い理由

これほどまでにAB350M-HDVを絶賛してしまいましたが、BIOSは最新にしておいたほうが良いみたいですね。公式サイトでもAmazonでのレビューでもBIOS更新は「不具合が無い限りは推奨しない」と言われておりますが、可能であればBIOSは最新版にしておきましょう

AB350M-HDV BIOS

理由は「m.2のSSD」と「特定のメモリ」が認識しなかったり、十分なパフォーマンスを発揮できないとの事で、これらの問題は最新のBIOSでは修正されているとの事ですので、m.2のSSDを購入したお客様は必須のBIOS更新となりそうですね。

AB350M-HDVの最新BIOSのダウンロードはこちら

初めてRyzen環境を制作される方はショップで購入される事をおススメします!
AMD CPU Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler YD2200C5FBBOX
AMD (2018-02-13)
売り上げランキング: 2,099
ASRock AMD B350チップセット搭載 Micro ATX マザーボード AB350M-HDV
ASROCK (2017-04-05)
売り上げランキング: 6,207
AB350M-HDV raven ridge対応

ABOUTこの記事をかいた人

ピシコ

北海道の苫小牧市でパソコンとiPhone修理を営んでいます
ゲームが好きで発売日は早退したくなりますが我慢してます
あとハムスターがとても好きです