「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理は無償で受付を開始したそうです

この記事の読了時間 : 33
iPhone7&iPhone8

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理は無償で受付を開始したそうです

この問題はかなりのお問い合わせがありましたが、まさかアップルが認めるとは・・・。今回の問題は以下の内容が原因で、なんと無償で修理を行って頂けるとのことです、最近のアップルの修理に対する姿勢の開き直り方が気持ちよくなってきましたね。

ごく一部のiPhone7において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

国内では「A1779」という型番が対象

この無償修理を行えるiPhone7は「2016年9月から2018年2月までの間に製造されたもの」で「A1779」という型番のみが対象との事で、iPhone7の裏に刻印されている型番をしっかりと確認して該当すれば、必ずと言っても良いほど修理を行うべきでしょう。

ここで問題となるのが既に修理を有償で行ってしまった方については「修理代金を返金」を行うそうで、これに対してアップルでは

この問題に関してすでに有償で修理をされた方には、Apple からメールでご連絡を差し上げた上で返金手続きをさせていただきます。この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までにAppleからメールで連絡がない場合は、お手数ですがAppleへお問い合わせください。

との事ですので、これらの内容につきましてはアップルのサポートページにてご案内しておりますので、iPhone7をお持ちの方は必ず一読される事をオススメしたいと思います。

格安スマホは1台常備しておくべき?

今回で学ぶ事ですが「格安SIMでiPhone7利用している人は代替え機も用意出来ないのにどうするの?」という問題に直面するのですが、お手元にSIMフリーのiPhoneがもう一台あれば問題が安心な時代になってきました。ですがiPhoneで予備を購入するのであればそもそも悩むことは無いのですが、皆さんにとっても私にとっても悩みどころは予備を持つにもiPhoneは高いという事。ならばとりあえずはAndroid端末で良いのでは?と考えますので、今回の修理でAndroidのSIMフリー端末で評判が良いファーウェイ製を予め用意しておいても良いかもしれませんね。

最近では「バッテリーの格安交換プログラム」などもあったことから、格安で交換でして頂けるのであれば・・・と考えているのですがいざ修理となると「来月準備しよう・・・」から「夏までには・・・」になって「もう機種変更したしもう修理に出さなくて良いかな?」になってしまいがちです(私の場合)。できるだけギリギリまで待ってからの交換が賢い方法かと思われますので、個人的にはiPhoneXを購入してしまいましたので秋までにはiPhone7の「圏外」と「バッテリー」交換の修理に出したいと思います。

あと最後にアップルのサポートページに一文で

iPhone7無償修理02

と記載されているのですが、「え?交換してくれるの?」って思ってしまうのは私だけでしょうか。