ご連絡・ご予約・アクセスはこちら

初めてパソコンを購入した日から25年が経ったようです

初めてパソコンを購入した日から25年が経ったようです

私が初めてパソコンを購入したのは高校三年生の今日になります。それから25年が経ちもう「おっさん」になってしまいました。

気が付けば25年も色々とパソコンを触っていたんですね、超絶初心者でも好きでずっと触って居ればパソコン修理業にもなれるんですね、としみじみ。

今日は初めてパソコンを購入して25周年が経ちましたので昔話でもしようかと思います。

そもそもパソコンを購入したきっかけ

25年前、苫小牧市で高校三年生だった私は今は無きイトーヨーカドーと言う所の青果コーナーでアルバイトに勤しんでおりました。

当初は時給450円で週6日、平均5時間の労働で一ヶ月平均54,000円のお給料を頂いており、それを1年間貯めた予算40万円で購入したパソコンがNEC製の「98 MULTi CanBe」という、当初ではパソコンが映像や画像などを使えるようになり始めた事から使いやすい入門機を購入しました。

たしか購入店は「YESそうご電器」という所でしたが、当初は駅前に電気屋があったんですよ。

こんなCM見た記憶はありませんが、パソコンはこんな感じでしたね。

パソコンを知っている人がなない

パソコンを初めて購入してみたものの使い方が全く分からないのですよ。

現代ではスマホで検索したり「はじめてのWindows」なんて書籍が本屋で販売されているなど、素晴らしい環境がありますが、当初市内の書店ではパソコンを分かりやすく解説している書籍はほとんどなく、手探りでのスタートとなりましたが、唯一パソコンの付属アプリで「ハチのキャラクターが説明してくれるものがあるものの」処理落ちしまくり、しかも理解するにもマウスやキーボードの使い方も分からなかったので「シャットダウン?なにそれ?」なんていう記憶が蘇ります。

結果、パソコンのシャットダウンが分からずに電源コンセントを抜いてOSを破壊、パニクった私は叔父に相談するものの「サポートセンターに問い合わせれば?」との答えにもなっていない返答を頂き、NECに電話。

当初のメーカーは血も涙もなかった

当初18歳だった若造が、当初王様とも言われたNECに連絡をしてみると「修理で8万円前後かかりますね」との事で、購入して僅か一日でパソコンのOSを破壊してメーカー保証もあるにもかかわらず有料修理を薦められた事にショックを受け、翌日学校を休みました。

両親からは「わからないにそんなものを買うからだ」と、パソコンを「そんなもの扱い」されてしまった事に追い打ちを受け、しおしおとパソコンの付属品を漁りフロッピーディスクをみつけ、初期化というものを試してみたのです。

黒い画面に白い文字で「コマンドというものを打てばいいのか・・・?」と自問自答をしながら数時間、気が付けば再度パソコンのOSが起動しているではありませんか。

自分で直せた・・・やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!これは・・・気持ちいい・・・

と、18歳で初めてのリカバリを経験しましたが、こんな初経験は二度としたくないとそれからは雑誌を読み漁る日々、テレビゲームしかしなかった生活からパソコンの操作を覚える生活に変わりました。

それから25年、パソコンを覚えた事で色々な事に役立ちましたが何よりもパソコンを触ることは今でも楽しいのは未だに進化と可能性を秘めているモノだと思っています。

そしてこのパソコン修理業を営めているのも、当初高校生だった時の私がメーカー以外の誰かに縋りたかった気持ちがあった事を今でも忘れていないという事が原動力となっております。

マニュアル通りには通用しない事が修理の醍醐味、これからもどんどんスキルを磨いてゆきたいと思います。